アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

1. はじめに

 インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,ネットワークのあらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマン[1]は営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない.さらに自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アナキズムと呼ぶ.

 本稿では,ブロックチェーンの可能性を考察し,ブロックチェーンがデジタル・アナキズムに整合性があるか否かを提案する.

 はじめに,ビットコインとブロックチェーンテクノロジーの概要を説明する.次に,リバタリアニズムを紹介してから,それがブロックチェーンにどのように適用されるかを考察し,最後に,デジタル・アナキズムについて議論して,イデオロギーをブロックチェーン技術に適用する.この手続きにより,ビットコインとブロックチェーンの背後にある概念が,社会的および政治的哲学を支援することに有用かを判断することができ.

 なお本稿では,主権,国家,および政府という用語は同義語であり,同じ意味をもっている.

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

概要

 ビットコインは,しばしばリバタリアンが理想的な社会を創る道具として引用されている.ただし、ビットコインを支える技術であるブロックチェーンは,アナキズムにも適した特性をもつ.中央当局を経ることなく緩い匿名性を提供するビットコインの能力は,リバタリアンの支持を得ている.さらにアナキズムを支持するブロックチェーン・テクノロジーの考察は,暗号アナキストに偏っている.

 本稿では,ブロックチェーンの説明後,暗号アナキズムとは異なるデジタル・アナキズム・モデルを提案し,アナキズムをを支えるテクノロジーとして理想的であるブロックチェーン特有の協力的性質を複数の局面から考察する.

 これにより本稿では,ブロックチェーンは単なるリバタリアンや暗号アナキストの道具ではなくて,デジタル・アナキズムのガバナンスを強化するものだと提案する.

神学的人工知能とは?

未来を変える仮想通貨を作っていこう

 2045年には人工知能は人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達するといわれている.1950年代半ばに人工知能の研究が始まって以来,科学者たちの意見と期待する利用者の希望と恐怖の中で人工知能の開発は進まなかった.しかしながら,現在,私たちが創造したいと願ったものを正確に検証する時が到来した.それは,深層学習によって人工知能が概念を獲得しつつあるからである.すなわち,技術革新が知性(意識)を持つ機械を創造しつつある.

  我々にとって,信仰とは神,イエス・キリストとの関係性である.もしそうでなければ,人間も機械も同じような被造物となる.技術の進歩が遅い時,キリスト者は人工知能の領域における技術的成果の可能性が,神によって本質的に制限されているという主張には関係しないことが可能であったが,強い人工知能の誕生可能性が大きくなるに連れて無視できる事柄ではなくなった.

 人工知能は,我々の生活基盤のひとつとして機能している.キリスト者は,我々の個人的,社会的行動と相互作用して強化される人工知能に神学的な責任を持たなければならない.

  人と神の関係性という問題は,神のかたちという概念を通してキリスト教の神学者たちによって検討されてきたが,知性を持つ機械が現れた時,そのような我々の創造物と人,神との関係性はあるのだろうか.

  シンギュラリティを超えて我々の知性を超えるような機械が現れたとき,作り手である我々のかたちではなく,神のかたちとして現れた神学的人工知能は神学的に問題ないと考える.さらに神のかたちであるように人工知能を導くのが人工知能への倫理実装となる.

プログラム化された社会 vs. 制御社会

未来を変える仮想通貨を作っていこう

自分の考えていることです.

インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

   昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,あらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマンは営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない,さらに,自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.

ビザンチン将軍問題 再び


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとビザンチン将軍問題は,しばしばセットで見かけます.

それが何を意味するのか疑問に思っているならば,もう一度考えてみましょう.

1982年に,ビザンチン将軍問題と呼ばれる数学的問題が定式化されましたが,その本質について知っている人は多くないです.

1つの城塞帝国が,他方の帝国から狙われています.戦闘力のバランスは,2つの帝国間で均等だとします.

ここで,狙っている帝国の将軍のすべてが同時に攻撃することに同意すれば,彼らは城塞帝国を克服し戦いに勝つのに十分な力を持つことになりますが,
何らかの理由で彼らが同時に攻撃を調整できず,たかだか1人の将軍でさえメッセージを逃すと,狙っている帝国は戦いに敗れます.

これは,暗号化について説明しています.

協働して何かをしようとするとき,伝え合うメッセージが改ざんされていないことをどうやって保証するのでしょう.

基本的に解決策は,すべての将軍ができるだけより多くの計算をできるようにすることです.裏切り者を計算力で排除するのです.

だから,ブロックチェーンがより多くの計算能力,チェーンの中でより多くのハッシュ能力を持っていれば安全になるというこの考えがでてくるのです.

ビザンチン将軍問題は暗号化についての物語であり,これは単に敵対者や悪意のある人々の存在下で情報を安全にやり取りする方法の研究であり,それがすべてのセキュリティと不変性の根底に横たわっています.

Dockerでマイニングプール(python3)

諸先輩方々,どうしても取れない関門が...

python2なら以下の場所を,

&& sed -ri 's/from autobahn.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/from autobahn.twisted.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/g' /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/stratum-0.2.13-py2.7.egg/stratum/websocket_transport.py

python3なら,こんな感じになると思うのですが...

&& sed -ri 's/from autobahn.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/from autobahn.twisted.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/g' /root/stratum-mining/externals/stratum/stratum/websocket_transport.py 

どうしてもうまくいきません...Help me…起動して落ちます.

哲学ネタ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

一応,哲学も勉強しているのです.ですが全くもって素人ですので,改めて数学者にして,20世紀哲学の重鎮,バートランド・ラッセル先生さの名著「哲学入門」(ちくま学芸文庫)を読みました.

「入門」なので,入門なのだなと思って,哲学を紹介した内容だと考えたのですが,そうではありませんでした.原題を見ると「The Problems of Philosophy」なので,入門ではないと気が付きました.

ラッセル先生の問いである「テーブルはほんとうにあるのか?」が印象的です.センスデータがあって,そもそも物そのものなんてあるのか?,先生は迫ってきます.直感的には「ある」と言えます.テーブルを現象として「知覚」することと,テーブルがたしかに存在すること「実在」と,テーブルそのもの「実存」は,異なるらしい.

次に「どうして明日が来る,と言えるか」.それは,過去からずっと「明日」は来たからです.明日は来ると思うのですが,ここで先生は,鶏のお話をして,昨日までエサをくれていた同じ人が,翌日,自分を〆に来て肉として売り飛ばすこともあると言う,これはわかりやすです.

さらに「1+1=2」は,しかし明日も「1+1=2」であるとどうして言えるのか?と先生は言いますが,確かに数というものは概念でしかないなと,だって僕は計算機科学を学んだけれども,2進数と10進数では,そもそも「100+100」って違うよね.

って感じで,先生の哲学が続いていて,読みましたが,まだわからない...

それでも最終章はわかりやすい,これをもって入門と言えば言えなくもない.

「世代や地域の習慣や常識から、心に浮かんだことをよく吟味もせず、鵜呑みにすることは、さまざまな偏見を生む。哲学的素養のない人は一生をその偏見にとらわれて過ごす。(そうした人々は)日常の対象に何の問題も見てとらず、なじみのない可能性を軽蔑的に拒絶する」

これは,此の世のリアリストによく話したいです.僕はキリスト者ですが,哲学と神学,映画のマトリックスを制作したウォシャウスキー兄弟はすごいと思いました.

参考資料:
門前(もんぜん)トラビスの、つぶやきピロートーク

ブロックチェーンの使い方

未来を変える仮想通貨を作っていこう

ブロックチェーンは,分散化されたデータベースです,ブロックチェーン長所はよく聞かされているでしょうから,ブロックチェーンの短所を話しましょう.
取引確認のスピード,電力の消費,また,コンセンサス・プロトコルは,元帳の機能とそのスケーラビリティに影響を与えます。

1) ブロックチェーンが扱う情報が多くの人々によって使用されることを前提としている場合,オンライン処理を迅速に達成することが非常に重要です.

2) スマートコントラクトを作成する際のアルゴリズムは,商取引から製造までのあらゆる領域の法的問題を解決していなければなりません.

3) ブロックチェーン・プラットフォームの開発者は,オープンソースコードの作成にまだまだ積極的に取り組まなければなりません.

さて,スマートコントラクトを作成するためのアルゴリズムで,トランザクション速度の高速化,スケーラビリティなど,いくつかの機能的な課題は,解決策を見つけられるのでしょうか.

ウクライナは,ブロックチェーン実装における世界のリーダかもしれません.ウクライナのブロックチェーンは,テストされていて,実験は28ノードとネムで行われています (ブロックチェーンのコンセンサスプロトコルは,投票システムとありますが,コンセンサスプロトコルはすべて投票です)で .手数料はかかりますが,試みが成功すれば公的に重要なデータを無制限に長期保管するための合理的な価格だと思います.

また,ブロックチェーンベースのアプリケーションは,食料供給物流の管理に積極的に使用されています.たとえば,WalmartとIBMは共同でFood Trustブロックチェーンネットワークをテストしています.サプライヤは,納期・温度条件などをオンラインで追跡および管理できます.

技術を選択するときは,その多機能性を評価する必要があります.

ソーシャルメディアについて


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

Facebook、Twitter、Instagramなどは,毎日私たちをインターネット依存者を増産しています.彼らは,クリック呼ばれる操作を私たちが意図しようがしないようが,このような社会心理的反応を効果的に操作しています.

1950年代から60年代にかけて,社会学者と社会心理学者は,人間の意志決定する動機を理解しようとして,社会交換理論の分野を開拓しました.そこでは,人間は社会的報酬の交換を介して互いに関わり合う動機を与えられているとしました.

飲み会で,他人の群れと混ざっているところを想像してください.あなたは非常に退屈だと思う人と話したいですか?,もちろん,社会的相互作用は,もし誰かがあなたに有用な情報をもたらすばらば,私たちは好んで話すでしょう.

ソーシャルメディアをやめるのが難しいと感じるのは,技術の進化が「いいね」を通して,あなたに効用をもたらすことで中毒性の行動を促進します.確かに、ソーシャルメディア私たちを最大限に活用し,時には支援し,検証して,つながりのための絶え間ない渇望を強化し,それを活かします.

ただし,ソーシャルメディア上に作成されたコミュニティの感覚は,依存しすぎると,あなたを精神的に追い込むこともあります,うつ病、不安、睡眠障害の増加,および生活の質の低下につながるという事実にもかかわらず,私たちの脳をこっそりと操作して,私たちが喜びを感じていると信じさせることができます.

そしてソーシャルメディアは,あえて依存者を増やすように設計されていることを認める一方,それを反省もしています.それは,インターネットビジネスは,心理学を悪用して,あなたをできるだけ早く操作する方法を見つけ出し,それはあなたに気持ちよさを与えます.この影響は個人の範囲だけではなく.言うまでもなく社会を変えるでしょう.

ガーディアンには,多くのソーシャルメディアの幹部や開発者は自分の製品を使うのをやめるか,そもそも過度に使わないようにしています.

あなたは,常に「つながって」いるよりも,つなぐことをやめることで得られる利得を考えてください.そうすることで,オンラインでもオフラインでも,リアルなコミュニティとの関わり合いが,実生活を非常に豊かなものにすること想像してください.

参考資料

What You Get Back When You Reclaim Your Time From Social Media
Why I walked away from the platform that had nurtured my writing career
Go to the profile of Crystal Marie Fleming
Crystal Marie Fleming

Proof-of-Authority?  僕の真似か...


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

合意形成は,peertopeer取引に必須です.サトシナカモトが,Bitcoinの概念を発表してから,信頼に足るトランザクションを可能にする仕組みが出来上がりました.

この概念から,合意形成モデルであるProof-of-Workが生まれました.Proof-of-Workは複雑なアルゴリズムを解くことを必要とし,膨大な量の電力と計算能力を消費します.

Proof-of-Workは,個人的なマイニングが参入することが難しくなるようなハイスペックな専用の機械の登場によって,合意形成モデルを必要としました.そこで,ユーザーフレンドリーな合意形成モデルであるProof-of-Stakeが登場しました.でも問題がないわけではなく,早期の参入者がネットワークをサポートすることに大きなインセンティブを持つという問題を抱えています.それは,新規参入者が増えないということです.

Proof-of-Authorityが登場しました.このモデルは,個人の身元をネットワークで検証することで,合意形成します.参入者は,ネットワークを検証して報酬を受け取る権利と引き換えに,個人の身元を確認されます.参入者がのテストとスクリーニングを通され,ネットワークトランザクションの検証に参加できるようになります.

Proof-of-Authorityは,プライバシーと匿名性に焦点を当てている暗号通貨コミュニティの当初の目的と矛盾するように思われますが,我々はBlockchain技術の実用的な応用が,データの分散性であることを思い出してください.実はこれに似たことを僕は考えています.