GMOのマイニングマシンが開発中止に


GMOが開始していたマイニング事業が355億円の特別損失を計上し.一部事業を中止するニュースが流れてきました.

価格が下落するとマイニングは厳しい

GMO、仮想通貨マイニング開発中止 特損355億円 「世界トップ性能」うたうも冷え込みに耐えきれず
GMOインターネットは、2018年第4四半期決算で仮想通貨マイニング事業について約355億円の特別損失を計上する。マイニング事業のうち、マイニングマシンの開発・製造・販売事業は継続しない。

さすがに価格が下がりすぎると,電気代の高い日本では厳しいです.

マイニングというのは採掘した仮想通貨の価値より電気代が上回ってしまうと,マシンを可動させれば可動させるだけ赤字になります.採掘した仮想通貨の価値が上がればプラスになりますが,それではマシンを止めてランニングコスト分を仮想通貨に変えてしまったほうが利益になりますから

個人のマイニングは?

GMOのマイニングはマイニングファーム(マイニング専用施設)を作り,おそらくBitcoin専用に作ったマシンで採掘していたのでビットコンの価格下落で厳しい状況になってしまいました.

では個人のマイニングは,というと,個人のマイニングもかなり厳しいです.日本では利益を出せないのではないでしょうか.

ただ,個人のマイニングではGPUを使い,採掘する通貨を選べるのでコインを選べばもしかしたら利益を出せるかもしれません.

 

 

コメント