個人情報とブロックチェーンについて

未来を変える仮想通貨を作っていこう

個人情報とブロックチェーンについて

私達の個人情報はここのところ危機に晒されています.

私達は,それを守るためのブロックチェーンと呼ばれる答えをもっています.

最初のブロックチェーンは2009年に、仮想通貨ビットコインのためのデータベースとして作成されました。それは,銀行や政府が関与することなくすべての取引を保存できます.

私達は,Facebookのようなものから自分のデータを自分で管理できるシステムを望むようになるでしょう.

ブロックチェーンは,例えば,GAFAの影響を減らして,Web本来のビジョンに戻すのを助けることができると思います.

ブロックチェーンを用いると,中央の権限なしにコンピュータのネットワークで情報を保存および交換できます.理論的には,この平等な取り決めはまた,データが改ざんまたはハッキングされることを困難にします.

ビットコインや他の仮想通貨の価格は今年急落していますが,他のブロックチェーンプロジェクトへの投資は依然として堅調です.

プロジェクトの多くは金融取引や会計のような日常的な業務を変革することを目的としています.投票やオンラインでの対話など,基本的なシステムを変えていくことでしょう.

ブロックチェーンは,複雑な数学を使用してチェーンされたブロックを構成していきます.各ブロックは最後のブロックから構築され,それが作成された時間情報を含んでいるので,戻って既存のデータを変更しようとする試みは非常に複雑になります.オリジナルのビットコインブロックチェーンでは,ブロック内のデータはビットコインの財布と取引に関する情報です.

この新しい構造により,Facebookのように,データの管理を乱用,または失う可能性がある企業などを信頼することなく,貴重な個人情報を安全に保持できるオンラインアカウントを設定できます.

平凡なものから急進的なものまで,さまざまな企業や政府がブロックチェーンモデルを適用しようとしています.

ブロックチェーン開発の急速さは,社会を混乱させるかもしれません.

大手インターネット企業のほとんどは,個人情報を収集し,それを使ってターゲットを絞った広告を販売することで収益を上げています.

Blockstackは,IDに関する基本的な詳細をブロックチェーンデータベースに記録する方法を構築しました.

これは,ユーザーがオンラインサービスで生成するすべてのデータを管理することになるということです.

ブロックチェーンの開発は政府の監視外で活動している犯罪者の活動のように,意図しない結果をもたらす可能性もあるはずです.

その一番の懸念は,ブロックチェーンベースのアカウントは、ユーザーが自分のパスワードや秘密鍵を保持していることにも頼っていて,ユーザーが自分の秘密鍵を紛失すると,自分のアカウントにアクセスできなくなることです.ブロックチェーンベースのオンラインアカウントへの秘密鍵を紛失した場合,自分のIDにアクセスできなくなります。

AI翻訳サービス「COTOHA Translator」

現金がどんどん貯まるオンラインモール







クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!

独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん
大人気Wordpressなどの簡単インストールをはじめ、

カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。

メールアドレスはいくつでも作成可能!

容量最大400GBで月額100円(税抜)から。

投稿者: Sachio Horie

クリスチャン 日々悔い改める人。大学で 人工知能とブロックチェーンを研究中。アダルトチルドレン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です