暗号通貨の危険性

未来を変える仮想通貨を作っていこう

暗号通貨の危険性

私たちが暗号通貨を用いていくのなら,サイバー犯罪は避けて通れないでしょう.2018年前半に盗まれた暗号通貨の総額は1200億円にも上ります.ブロックチェーンの改ざん性は低いので,私たちは,はたして簡単に暗号が敗れることを疑問に感じるかもしれません.

たしかに,犯罪の大部分はブロックチェーン自体の脆弱性とは無関係です.しかし暗号を使う人間が犯してしまう失敗が大きいです.従来の銀行システムでは,資金を安全に保つために銀行や政府が採用しているシステムに大きく依存していました.

暗号通貨では,個人が,個人の銀行となります.個人が個人の資金の安全に対して全責任を負います.暗号通貨保有者は犯罪の場合に損失をカバーする法的支援を受けていないので,盗まれた資金を回収する見込みはありません.

ここでは,被害者にならないための手立てについて考えてみます.

ウォレットの脆弱性

暗号通貨を安全に保つためには,ウォレットが大事です.ウォレットには,主に2つのタイプがあります.ホットウォレットとコールドウォレットです.ホットウォレットは,インターネットに接続されているデジタルなお財布です.ホットウォレットは,常にインターネットに接続されたままですから,犯罪にあうことがしばしばあるでしょう.コールドウォレットは,インターネットに接続されていないデジタルなお財布であり,ホットウォレット比べて安全な選択肢です.コールドウォレットは,通常はQRコードの形式で,特定のウォレットのアドレス秘密鍵を印刷した一枚の紙です.その秘密鍵がスキャンされてオンラインになるまでは,インターネットから完全に遮断されたままであるため,盗まれることはありません.

ほとんどの暗号所有者は,ホットウォレットとコールドウォレットの両方を持っています.当座預金口座のように,毎日の取引に使用するために少量の資金をホットウォレットに保管し,長期保管のために大量の金額をコールドウォレットに保管します.それは普通預金口座と同様です.

フィッシング

最も蔓延しているサイバー犯罪は,詐欺的な行為です.フィッシング,パスワード,秘密鍵,ひいてはお金を盗むために,悪意のあるサイトをおなじみの合法的なサービスとして偽装します.最も古くて実績のある方法の1つは,URLのスペルミスです.たとえば、Binanceユーザーのパスワードを盗むために、詐欺師はサイトの完全なコピーをURLwww.bínance.comの下に置き,「i」を「í」に置き換えます.これでは,実際のwww.binance.comアドレスと間違えても仕方ないでしょう.

パスワード盗難の被害に遭わないようにするには,例えば,2段階認証を用います.

最後に,投資プロジェクトそのものが犯罪である場合もあります.暗号通貨の匿名性を悪用した例です.

AI翻訳サービス「COTOHA Translator」

現金がどんどん貯まるオンラインモール







クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!

独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん
大人気Wordpressなどの簡単インストールをはじめ、

カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。

メールアドレスはいくつでも作成可能!

容量最大400GBで月額100円(税抜)から。

投稿者: SachiO

クリスチャン 日々悔い改める人。大学で 人工知能とブロックチェーンを研究中。アダルトチルドレン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です