ブロックチェーンの定義とは その②

未来を変える仮想通貨を作っていこう

ブロックチェーンの定義とは その②

2008年10月31日,サトシナカモトは,世界に大きな影響を与えた論文を発表しました.

この論文はビットコインの基礎であり,それがブロックチェーン技術の普及のきっかけになりました.

ブロックチェーンは,本質的にトランザクション情報を安全に記録することを可能にします.ブロックチェーンとその重要な属性をより明確に定義するために,ここでは,いくつかの概念を説明していきます.

ブロックチェーンの主な特徴:

トランザクションを暗号化する.
分散された元帳.

ブロックチェーンは,その名のとおりブロックのチェーンです.あなたは情報をブロックとして考えることができます.ブロックは,基本的にいくつかのトランザクションに関する情報を含みます.有効なブロックのチェーンは,最新の取引を表し、元帳に追加されます.

各ブロックは,次のコンポーネントで構成されています.

トランザクションデータ(Tx):
ユーザー間でやり取りした決済情報などの取引

ナンス(Nonce):
ハッシュを計算するための鍵を握る値

前のブロックのハッシュ値(Prev Hash):
ブロック同士を連携させるための情報

ハッシュについてふりがな

まず,ハッシュ関数とは何かを理解する必要があります.ハッシュ関数は,任意のサイズのデータ​​を固定サイズの文字列に変換できます.これを単に「ハッシュ」と呼びます.

ハッシュ関数への入力データを知ることによって,誰でも結果(出力)を得ることができます.同じ入力の出力は,常に同じになります,ただし、出力を知っていても,入力データを取得するのに役立ちません.これは意図的にこのように設計され,データを暗号化できます.

分散元帳

ブロックチェーンテクノロジの2つ目の重要な特性は,分散元帳です.

元帳は,基本的にすべての口座取引が取り込まれる場所です.元帳が単一の場所にあることを考えると,明らかにそれは簡単に操作できます.無許可の個人,または悪意を持った個人は,いつでも取引を変更して残高に影響を与える可能性があります.

ブロックチェーンは,分散元帳の概念を導入することによって,上のような問題に対処することができます.これが意味するのは,元帳自体がネットワークを介して複製されるということです.分散元帳の利点は,中央権限がないということです.「真実」はネットワークの大多数によって知られています.

金融におけるブロックチェーン

ブロックチェーン技術,本質的には現在,資金調達のための研究と成長を見込んだ分野です.それは多くの面で業界に革命を起こす可能性があります.ただし,この変更は一気には起こりません.規制の状況と新技術への懸念のために,金融業界は伝統的に新技術の採用が遅れています.

確かなことがあります.私たちの未来は可能性が広がっています.

AI翻訳サービス「COTOHA Translator」

現金がどんどん貯まるオンラインモール







クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!

独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん
大人気Wordpressなどの簡単インストールをはじめ、

カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。

メールアドレスはいくつでも作成可能!

容量最大400GBで月額100円(税抜)から。

投稿者: SachiO

クリスチャン 日々悔い改める人。大学で 人工知能とブロックチェーンを研究中。アダルトチルドレン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です