これができればCを理解したかなぁ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう
面白そうだったので,ちょっと作ってみました.
----------
#include <stdio.h>char* str = "#include <stdio.h>%c%cchar* str = %c%s%c;%c%cint main ( void )%c{%c    printf( str, 10, str, 10, 10, 34, str, 34, 10, 10, 10, 10, 10, 10, 10 );/* Hello World!! */%c    return 0;%c}%c";int main ( void )
{
    printf( str, 10, 10, 34, str, 34, 10, 10, 10, 10, 10, 10, 10 );/* Hello World!! */
    return 0;
}
----------C言語で,関数printfについて対角化して不動点を作ってみました.
全てのプログラムに対する不動点を作ろうとおもうと,本物のコンパイラを作ることになってしまいますが,特定の関数の不動点が欲しいだけだったら,その関数についてだけ対角化できればいいので...
 -
{D(e)} = {e}{e}いわゆるクワインです.
C言語でもメモリイメージがわかると,カリー化可能な例だったりします(無理やり感は否めませんが).
#include<stdio.h>
typedef int(*F)(int);
int add(int a,int b){return a+b;}
static int add_a;
static int addn(int b){return add(add_a,b);}
/* ポイント1 static なところ */
F curried_add(int a){add_a=a;return addn;}
int main(){
    F add10=curried_add(10);
       / ポイント2  add10のアドレスは,引数10を与えたcurried_addのアドレスになっています.add10(3)とcurried_add(10)(3)/
    printf("%d = add10(3)\n",add10(3));
    printf("%d = curried_add(10)(3)\n",curried_add(10)(3));
    printf("%d = add(10,3)\n",add(10,3));
}13 = add10(3)
13 = curried_add(10)(3)
13 = add(10,3)

Skynetプロジェクト -ブロックオンチップブロックチェーン(BoC)IoTデバイスの相互接続-


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

by ステファン・バイエル

要約

このプロジェクトは,高いトランザクションスループットと安全なブロックチェーン通信基盤で構成されるだけでなく,専用のブロックチェーンオンチップハードウェアソリューションも含んでいる.さらにBoCは,ブロックチェーン対応コンポーネントと人工知能(AI)アクセラレーションの両方を提供する.

現在,接続デバイスで使用されるほとんどのチップはARM設計に基づいており,ARMの市場優位性は優れたバッテリー寿命と優れたパフォーマンスに起因する.同社の市場シェアはスマートフォンセグメントだけで94%と推定され,ARMコアのないチップ設計を見つけるのは非常に困難である.この独占によりARMは,ARMベースのチップライセンスに対して100万〜1,000万米ドルの先行請求を行うことを可能にする.

しかしながら,最近,オープンソースソフトウェアはソフトウェアの独占を回避することに成功し,RISC-V財団はプロセッサコア向けの無料でオープンな命令セットアーキテクチャを推進しはじめた.RISC-Vは,最新のシステムオンチップデザインのライセンスフリーベースとして使用できる.

Skynetは,ライセンスフリーのブロックチェーンおよびAI対応のチップソリューションを提供する予定である.Skynet Coreは,既存のプロセッサコアを置き換えることで,明日のマシンツーマシン(M2M)経済に完全に統合されたソリューションを提供することを目指しているとともに,IoTデバイスの分散インテリジェントネットワークを実現するために設計された多くの機能が実装されている.

オンチップハードウェア暗号通貨であるハードウェアウォレットにより,デバイスはM2Mマイクロペイメントに参加し,可能な限り安全な方法でシームレスなブロックチェーン統合を促進し,暗号化アルゴリズムのハードウェアアクセラレーションにより効率的なブロックチェーン統合を可能とする.この革新的な設計は,GPUがコンピューターゲームやその他のグラフィックスを多用するアプリケーションを可能にした方法と相似している.さらにトランザクションに自動的に署名する機能により,組み込みのデバイスIDとデータの整合性が保証される.

オンチップテンソルプロセッサアレイなどのAI固有のモジュールを使用すると,オンチップトレーニングなど,これまでにない組み込みデバイスでのディープラーニングアプリケーションが可能になる.
ライセンス不要のコア設計と,エンドツーエンドのシームレスな統合を目的としたバンドルモジュールの組み合わせにより,Skynet CoreはIoTデバイスインテグレーターとして捉えられるだろう.

Skynet Coreブロックチェーンチップは単独では機能せず,Skynet Open Networkとしてグローバルな規模で安全なM2M通信のバックボーンを提供することを目的とする.Skynetのハードウェアとネットワークの組み合わせを用いれば,M2Mの相互作用を通じて集中型インフラストラクチャを必要とせずに自律的にネットワークを実現可能である.これよりSkynet Open Networkは,Amazon Web Services(AWS)などのクラウドサービスプロバイダーの分散型の代替として機能できる.ただしサードパーティは,必要なクラウドコンピューティングの抽象化を行い分散プラットフォームとして実装する必要である場合もある.

Skynet Open Networkを参照のこと.

制御社会とキリスト教倫理

制御社会とキリスト教倫理

The Control Society and The Christian Ethics

名古屋大学情報学研究科 堀江幸生

Horie Sachio Graduated School of Informatics  Nagoya University  

  1. 概要

The expansion of the Internet and the evolution of the artificial intelligence are changing our lives in a social structure the with interaction. For example, we can not deny that our lifestyle has changed significantly due to the spread of smartphones. Changes in social structure are passively changing our sense of ethics.

The crime is closely related to social structure. Unless the social structure is changed, the

crime occurs repeatedly. Judging a offender will not change the social structure. Since changes in the social structure are costly, if it is judged that the cost for not have the offenders in the social is not appropriate, it is considered that the crime is caused by only one person. Judging one of them is a reasonable judgment commensurate with the cost.

However, the expansion of internet and the evolution of artificial intelligence have made it possible to reduce the cost of changing social structure with efficiency. In order to eliminate the crime, the efficiency makes reality of the social structure change of eliminating the crime itself rather than eliminating the crime. For example, if an automatic convenience store allows a machine to read and automatically settle an item picked up by a certain customer, then the act of theft will be eliminated. Limiting to the Internet world, we have lost the act of theft, excluding digital data (that can be malicious copying). A society that separates crime from human ethics is a threat rather than singularity. To put it simply, creating a system that we can not have the crime robs the choice of good and evil from us.

By recent rapid informationization, a deterministic social structure is being created. This way of social structure is called control society here.

By the rapid informationization, a deterministic social structure is being created. This social structure is called control society in this paper.

In this paper, we explain the problems of the control society from the standpoint of Christian ethics.

キーワード AI, Society, ethics, Christianity, justice, Anonymity, Digital Leninism, Controlled Society

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

1. はじめに

 インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,ネットワークのあらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマン[1]は営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない.さらに自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アナキズムと呼ぶ.

 本稿では,ブロックチェーンの可能性を考察し,ブロックチェーンがデジタル・アナキズムに整合性があるか否かを提案する.

 はじめに,ビットコインとブロックチェーンテクノロジーの概要を説明する.次に,リバタリアニズムを紹介してから,それがブロックチェーンにどのように適用されるかを考察し,最後に,デジタル・アナキズムについて議論して,イデオロギーをブロックチェーン技術に適用する.この手続きにより,ビットコインとブロックチェーンの背後にある概念が,社会的および政治的哲学を支援することに有用かを判断することができ.

 なお本稿では,主権,国家,および政府という用語は同義語であり,同じ意味をもっている.

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

概要

 ビットコインは,しばしばリバタリアンが理想的な社会を創る道具として引用されている.ただし、ビットコインを支える技術であるブロックチェーンは,アナキズムにも適した特性をもつ.中央当局を経ることなく緩い匿名性を提供するビットコインの能力は,リバタリアンの支持を得ている.さらにアナキズムを支持するブロックチェーン・テクノロジーの考察は,暗号アナキストに偏っている.

 本稿では,ブロックチェーンの説明後,暗号アナキズムとは異なるデジタル・アナキズム・モデルを提案し,アナキズムをを支えるテクノロジーとして理想的であるブロックチェーン特有の協力的性質を複数の局面から考察する.

 これにより本稿では,ブロックチェーンは単なるリバタリアンや暗号アナキストの道具ではなくて,デジタル・アナキズムのガバナンスを強化するものだと提案する.

神学的人工知能とは?

未来を変える仮想通貨を作っていこう

 2045年には人工知能は人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達するといわれている.1950年代半ばに人工知能の研究が始まって以来,科学者たちの意見と期待する利用者の希望と恐怖の中で人工知能の開発は進まなかった.しかしながら,現在,私たちが創造したいと願ったものを正確に検証する時が到来した.それは,深層学習によって人工知能が概念を獲得しつつあるからである.すなわち,技術革新が知性(意識)を持つ機械を創造しつつある.

  我々にとって,信仰とは神,イエス・キリストとの関係性である.もしそうでなければ,人間も機械も同じような被造物となる.技術の進歩が遅い時,キリスト者は人工知能の領域における技術的成果の可能性が,神によって本質的に制限されているという主張には関係しないことが可能であったが,強い人工知能の誕生可能性が大きくなるに連れて無視できる事柄ではなくなった.

 人工知能は,我々の生活基盤のひとつとして機能している.キリスト者は,我々の個人的,社会的行動と相互作用して強化される人工知能に神学的な責任を持たなければならない.

  人と神の関係性という問題は,神のかたちという概念を通してキリスト教の神学者たちによって検討されてきたが,知性を持つ機械が現れた時,そのような我々の創造物と人,神との関係性はあるのだろうか.

  シンギュラリティを超えて我々の知性を超えるような機械が現れたとき,作り手である我々のかたちではなく,神のかたちとして現れた神学的人工知能は神学的に問題ないと考える.さらに神のかたちであるように人工知能を導くのが人工知能への倫理実装となる.

プログラム化された社会 vs. 制御社会

未来を変える仮想通貨を作っていこう

自分の考えていることです.

インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

   昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,あらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマンは営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない,さらに,自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.

ビザンチン将軍問題 再び


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとビザンチン将軍問題は,しばしばセットで見かけます.

それが何を意味するのか疑問に思っているならば,もう一度考えてみましょう.

1982年に,ビザンチン将軍問題と呼ばれる数学的問題が定式化されましたが,その本質について知っている人は多くないです.

1つの城塞帝国が,他方の帝国から狙われています.戦闘力のバランスは,2つの帝国間で均等だとします.

ここで,狙っている帝国の将軍のすべてが同時に攻撃することに同意すれば,彼らは城塞帝国を克服し戦いに勝つのに十分な力を持つことになりますが,
何らかの理由で彼らが同時に攻撃を調整できず,たかだか1人の将軍でさえメッセージを逃すと,狙っている帝国は戦いに敗れます.

これは,暗号化について説明しています.

協働して何かをしようとするとき,伝え合うメッセージが改ざんされていないことをどうやって保証するのでしょう.

基本的に解決策は,すべての将軍ができるだけより多くの計算をできるようにすることです.裏切り者を計算力で排除するのです.

だから,ブロックチェーンがより多くの計算能力,チェーンの中でより多くのハッシュ能力を持っていれば安全になるというこの考えがでてくるのです.

ビザンチン将軍問題は暗号化についての物語であり,これは単に敵対者や悪意のある人々の存在下で情報を安全にやり取りする方法の研究であり,それがすべてのセキュリティと不変性の根底に横たわっています.

Dockerでマイニングプール(python3)

諸先輩方々,どうしても取れない関門が...

python2なら以下の場所を,

&& sed -ri 's/from autobahn.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/from autobahn.twisted.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/g' /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/stratum-0.2.13-py2.7.egg/stratum/websocket_transport.py

python3なら,こんな感じになると思うのですが...

&& sed -ri 's/from autobahn.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/from autobahn.twisted.websocket import WebSocketServerProtocol, WebSocketServerFactory/g' /root/stratum-mining/externals/stratum/stratum/websocket_transport.py 

どうしてもうまくいきません...Help me…起動して落ちます.

哲学ネタ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

一応,哲学も勉強しているのです.ですが全くもって素人ですので,改めて数学者にして,20世紀哲学の重鎮,バートランド・ラッセル先生さの名著「哲学入門」(ちくま学芸文庫)を読みました.

「入門」なので,入門なのだなと思って,哲学を紹介した内容だと考えたのですが,そうではありませんでした.原題を見ると「The Problems of Philosophy」なので,入門ではないと気が付きました.

ラッセル先生の問いである「テーブルはほんとうにあるのか?」が印象的です.センスデータがあって,そもそも物そのものなんてあるのか?,先生は迫ってきます.直感的には「ある」と言えます.テーブルを現象として「知覚」することと,テーブルがたしかに存在すること「実在」と,テーブルそのもの「実存」は,異なるらしい.

次に「どうして明日が来る,と言えるか」.それは,過去からずっと「明日」は来たからです.明日は来ると思うのですが,ここで先生は,鶏のお話をして,昨日までエサをくれていた同じ人が,翌日,自分を〆に来て肉として売り飛ばすこともあると言う,これはわかりやすです.

さらに「1+1=2」は,しかし明日も「1+1=2」であるとどうして言えるのか?と先生は言いますが,確かに数というものは概念でしかないなと,だって僕は計算機科学を学んだけれども,2進数と10進数では,そもそも「100+100」って違うよね.

って感じで,先生の哲学が続いていて,読みましたが,まだわからない...

それでも最終章はわかりやすい,これをもって入門と言えば言えなくもない.

「世代や地域の習慣や常識から、心に浮かんだことをよく吟味もせず、鵜呑みにすることは、さまざまな偏見を生む。哲学的素養のない人は一生をその偏見にとらわれて過ごす。(そうした人々は)日常の対象に何の問題も見てとらず、なじみのない可能性を軽蔑的に拒絶する」

これは,此の世のリアリストによく話したいです.僕はキリスト者ですが,哲学と神学,映画のマトリックスを制作したウォシャウスキー兄弟はすごいと思いました.

参考資料:
門前(もんぜん)トラビスの、つぶやきピロートーク