ブロックチェーンのスケーラビリティ 3


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンの大きさを自由に変更できるようにすることは,既知の課題で,数年間にわたって活発に研究されています.

具体的には,

1)SegWitによる解決策です.

Segwit(セグウィット)とは,Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域),の略語です.Segwitはトランザクション情報をコンパクトに圧縮することでスケーラビリティ問題の解決が期待される技術のひとつです.

2)ブロックサイズを大きくする.

各ブロックに収まるトランザクション数を増やすことができ,ネットワークは1秒あたりのトランザクション数を増やすことができます.

3)ステートチャネルを使う.

ステートチャネルは次のように機能します.

ブロックチェーンの一部は,マルチシグネチャまたは,ある種のスマートコントラクトを介してロックされています.その場合、チェーンを更新する唯一の方法は,特定の参加者が完全に同意した場合です.

参加者は、トランザクションを直接ブロックチェーンに送信せずにトランザクションを作成して暗号署名することによって,自分自身で更新を行います.新しい更新は以前の更新を上書きします.その後,参加者はブロックチェーンに更新した結果を送り返し,そこでブロックは,ステートチャネルを一旦閉じて,再びステートチャネルを解除します.

ステートチャネルを使うことで,更新を無制限にして,無期限に開いたままにすることができます.このときブロックチェーンは,最終トランザクションを処理するための決済レイヤとして純粋に使用されて,ブロックチェーンの負担を軽減するでしょう.ただし仕組み上トランザクションの透明性は低くなります.

次回に続きます.

ブロックチェーンのスケーラビリティ 2


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

前回の続きです.

それでは,スケーラビリティは実際どのようになっているのでしょうか.

Ethereumのノードにおける理論上の最大トランザクション処理能力は,毎秒1,000トランザクションを超えます. 残念ながら、これはEthereum手数料を鑑みると実際の処理量ではありません.現在のところ,各ブロックの平均手数料は約670万ガス(手数料の単位)です.

トランザクションには,送信者が購入しても構わないと思っているガスの最大量を指定するための手数料を制限するフィールドがあります.したがって,各ブロック内の各トランザクション数は,手数量の制限値に基づいて,決定されます.

たとえば,スマートコントラクトで使用される手数料の平均値は50Kです,Ethereumの場合は,手数料の制限値より,1秒間に約7トランザクションとなるのです.

Ethereumネットワーク上のトランザクション数が大幅に増加しているという事実と組み合わせると,これがいかに問題になるかがわかります。.手数料の制限値は,トランザクションが増えれば増えるほど,スケーラビリティの足かせになります.同様にこのような例は.Bitcoinでもみられます.

ブロックチェーンを拡大縮小するには,すべてのノードに計算能力を変化させる必要があります.

次回は,どのようにすれば問題を解決できるのかを説明します.

ブロックチェーンのスケーラビリティ 1


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

サトシナカモトが,2008年に論文を発表して以来,ブロックチェーン技術の可能性について私はとても期待しています.

分散型のデジタル通貨は,かつては非常に難しい問題を含んでいましたが,それは拡大し続けています.

例えば,監視社会に抵抗する社会的プラットフォームとして有効であるようです.

しかし,それを実現するのを妨げる大きな問題,それは,スケーラビリティです.ブロックチェーンは,拡張性に限界があります.

では,ブロックチェーンがスケーラブルではないのはなぜでしょうか.

現在有効な.すべてのブロックチェーンコンセンサスプロトコル(例えば,Bitcoin,Ethereum,Ripple,Tendermint)には,制約があります.ネットワーク内のすべての参加ノードは,すべてのトランザクションを処理する必要があります.ブロックチェーンは,ネットワーク上のすべてのノードがすべてのトランザクションを処理し,状態全体のコピーを維持することを意味します.

分散化コンセンサスメカニズムは,スケーラビリティが犠牲になるのです.実際,ブロックチェーンは,ノードが増えるごとに対数的に増加するノード間レイテンシのため、ネットワークに追加されるノードが増えるにつれて処理は遅くなります.

従来のデータベースシステムでは,スケーラビリティに対する解決策は,追加されたトランザクションを処理するためにサーバを追加すること(すなわち、計算能力)でした.すべてのノードがすべてのトランザクションを処理および検証する必要がある分散型であるブロックチェーンの世界では,ネットワークを高速化するためにすべてのノードの計算能力を上げる必要がありますが,それはできないでしょう.

その結果,ブロックチェーンコンセンサスプロトコルは,低いトランザクションスループットと高度の集中化との間のトレードオフを作ります.言い換えれば,ブロックチェーンのサイズが大きくなるにつれて,ネットワークに完全に参加するために必要なストレージ,帯域幅,および計算能力に対する要件が増大します.ある時点で、いくつかのノードでブロックを処理することが実現可能になるだけでは扱いにくくなり,集中化のリスクにつながります.

スケーラビリティのために,ブロックチェーンプロトコルは,各トランザクションが有効であるというネットワークの信頼を失うことなく,各トランザクションを検証するために必要な参加ノードの数を制限するメカニズムを見つけ出す必要があります.

すべてのノードがすべてのトランザクションを検証することを許可されていないので,他のブロックが安全であることを保証する統計的および経済的手段がノードに必要です.

スケーラビリティを達成するためには,トランザクションは異なるノードによって並列に処理される必要があります.ただし,ブロックチェーンの状態遷移にはいくつかの非並列化な部分もあるため,並列化と実用性のバランスを取らなければなりません.

次回は,この続きを書いていきます.

ステーブルコイン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

私たちが,暗号通貨を普通に用いることには,複数の問題があります.その中でも重要なことは,ボラティリティです.暗号通貨の価格変動が,私たちを不安にします.それゆえ,通常通貨の相対的な安定性と,暗号がもたらすセキュリティと革新性を兼ね備えた安定した通貨,ステーブルコインが必要です.

ステーブルコインについて知っておく必要があるのは,安定性を裏付けるだけの価値を持たせることです.たとえば,円で担保されている安定した硬貨は,戦争や大きな経済危機が国を混乱に陥れない限り,1日でその価値が半分になるようなことにはなりません.

この安定性は,もちろん裏付けとして選択したものによって変化します.

ステーブルコインには,3つのコアタイプがあります.フィアットバック,クリプトバック,ノンバックです.

フィアットバックによるステーブルコインは,その価値を保証するために通貨またはその他の貴重な資産に依存しており,通常は1:1の相関関係にあります.例えば,米ドルです.

クリプトバックは,フィアットバックのように価値が1:1に保証されているわけではありません.代わりに,複数の暗号通貨を1つのステーブルコインと見立てて銀行に預けます.

ノンバックは,通貨の利用拡大こそが価値の保証になります.

ステーブルコインは,その性質より,社会全体に定着する可能性が高いでしょう.

ステーブルコインは現在,いくつかの問題を抱えています.ステーブルコインが,最終的に安定性とトレードオフにある集中化を招くということです.合意形成がここでも課題となるでしょう.

セキュリティーで稼ごう


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

もし,ある組織でデータの漏洩があった場合,サイバーセキュリティに知らせることが重要です.

サイバーセキュリティは,コンピュータ・ログやマルウェアのスペシャリスト,弁護士がチームを作ればよいでしょう.

サイバーセキュリティを職とする人は不足していますが,高額な収入を得られます.
これは,サイバー犯罪が2015年に多大なの損害をもたらしているからです.

言い換えれば,技術の進歩は倫理的なハッカー,つまり「ホワイトハット」に対する大きな需要を生み出したのです.私たちのシステムを保護し,悪意を持っている人たちと戦うことができるコンピュータに熟練した人々への需要が増えたのです.それで企業はコンピュータセキュリティを職にする人々を見つけるのに苦労しています.

あなたが技術者でセキュリティについて興味があるならば,ぜひ,この業界にチャレンジしてください,飽きない仕事が待っています.

PayPayの怖さ,だからこそ仮想通貨へ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

PayPayは単体で決済ができるものではなく,PayPayにお金をチャージしてPayPay経由でお金を支払うことになります
チャージの方法は,銀行とYahoo!マネー,クレジットカードからの3種類があります.PayPayは,現金で支払えるものをPayPayを経由してお金を支払うかぎり,ポイントが付与され,一見得のように見えます.

キャンペーンの時に意外と知られていなかった点ですが,何割かの特典は現在は現金化できません,つまり、PayPayの中でしか使えないお金です.それ以外にも,注意するところは,セキュリティ上ありますが,一番怖いのは,一度PayPayを使うと,特典目当てと,有効期限からPayPayを意識するとしないとに関わらず,PayPayを使ってしまうことです.これは,あなたが何をどこで買ったかが集中的に管理されることはもちろん,PayPayに囲い込まれたということです.この種のサービスは,以下にして人を取り込んで次世代のスタンダードになるかにやっきです.もともとの取引の概念は吹っ飛んでしまいます.非常に危険だと思います.キャッシュレスなら,

私たちは,仮想通貨に向かうべきなのです.しかし,税金の問題など管理できないシステムとして容易に,日本では拡大していかないでしょう.

兜町?!と暗号通貨


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

2018年に,私たちは暗号通貨で最大90%の落ち込みを経験しました.2019年はどうなるでしょうか? ビットコインような暗号通貨をめぐる否定的な見解は,2018年にはにすでに多くの人が知るところとなっていました.米国人経済学者のNouriel Roubiniは,「人類史上最大のバブルが破裂した」と発表し,業界全体に反対しました.価格の下落は,暗号通貨の懐疑論者の数を押し上げました.しかし,業界のさらなる発展について考えている暗号の専門家と支持者は,未だ努力し続けています.

MITによると,2017年の相場とそれに続くクラッシュの後,適者生存はこの業界に介入し,生き残った通貨を選別しました.

国家がかりで,国内暗号通を開発している場合は,国が支援するデジタル通貨は,個人の暗号通貨よりも多くの人々に届き,より高いセキュリティ,プライバシー,そして優れた消費者保護を提供できると述べています.これは好むと好まざると関係なく,ひとつの信用となるでしょう.

2018年頃から,セキュリティトークン・オファリング(STO)が話題となっています.セキュリティトークンは,有価証券を紙の券ではなくデジタルで実現したものの総称です.これからはICOではなくSTOが来るといった期待の声を耳にすることも少なくありません.これらの投資の収益は,ビットコインの市場価格の影響を受けず,事業のキャッシュフローのプラスにつながります.これは間違いなく市場の下落中に失われてきた投資家の信頼を取り戻します.

ブロックチェーン技術と暗号通貨の両方で2019年にはまだまだ発展途上であり,機関投資家の関心にはいまだあるでしょう.ただし,企業と個人の両方がこれらのデジタル通貨を使用するのを容易にするインフラストラクチャが必要です.暗号税などはその象徴でしょう.

ブロックチェーンとAI


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとAIは,分散システムとデータが集中するシステムとして対照的です,短いですが,ここでは,AIとブロックチェーンがどのように相互作用するのか説明します.

AIは,計算速度において,学習データを集中させるという性格から,ブロックチェーンでそのまま実行することはできません.

AIは学習のために膨大な量のデータを必要としますが,素早くコミュニケーションさえできれば分散システムで学習させうことができるでしょう.深層学習では,データを集中的に収集することなくAIに学習を行わせることができるでしょうか?,これは,ブロックチェーンで実行されているAIが直面している課題です.AIに何らかの方法で学習を分散させる必要があります.現在の深層学習は単純にそのような分散性と互換性がないため,ブロックチェーン技術は,データが分散するIoTのデバイスから,AIアプリケーションがデータを集中させるまでの過程で,ブロックチェーン技術は有用ではないでしょうか.

AIは,ブロックチェーン技術を使用して,学習に使用されるデータの出所を確認し,バイアスの原因を特定して修正するのに役立つ可能性があります.ただし,現在のAIシステムでは,学習済みのデータを他のモデルに組み込んだ場合は,素早くデータを追加または削除できません.ただしデータの出所とその出所を追跡する透明なシステムと,その品質と真実性の透明な評価は,偽のニュース,誤ったデータ,低品質の情報が誤ってAIに組み込まれないようにするのに役立ちます.

現在のコンセンサスメカニズム – 主に作業証明に基づいている – は,広範囲に利用するAIにとって大規模に利用するには余りにも作業への要求が高すぎます.計算上無駄があり,エネルギーのかかるプロセスを必要とせずに分散元帳の値に安全に同意する方法があることを達成するには,利害関係の証明や権限の証明(または何らかのハイブリッド)などの代替合意メカニズムに関する作業が必要です.無駄なエネルギーをこれ以上使うことは許されないでしょう.

AIは,ブロックチェーン元帳に含まれる膨大な量のデータをユーザが容易に理解できるようにすることで,またプロセスをより効率的にしてトランザクション全体のコストを削減することで,ブロックチェーンアプリケーションに付加価値をもたらします.スマートコントラクトにおけるAIおよびブロックチェーンは最も魅力的な分野の1つであり,私たちにとって有益な,制御され制限された方法でAIをグローバル経済に統合する新しい方法を切り開らくかもしれません.

パブリックなブロックチェーンとプライベートなブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

パブリックとプライベートのブロックチェーンの主な違いとは何でしょうか.

パブリックブロックチェーンは,誰もがブロックチェーンネットワークに参加できます.つまり,パブリックブロックチェーンで読み取り,書き込みできるということです.パブリックブロックチェーンは分散化されており,誰もネットワークを制御することはできません.また,ブロックチェーンで検証されたデータは変更できないという点で安全です.

プライベートブロックチェーンは,誰がネットワークに参加することを許可され,どのトランザクションに参加することが許可されるかが制限されます.

パブリックとプライベートについて話すとき,誰がそのブロックチェーンまたはその元帳にデータを書き込むことができるかです.

パブリックブロックチェーンについて話すとき,ほとんどの人が実際に話しているのはパブリックオープンブロックチェーンです.誰もがデータをブロックチェーンに書き込むことができるブロックチェーンであり,他の誰もがそのデータを読み書きすることができます.
ビットコインなどのパブリックブロックチェーンプラットフォームは,現在話題になりがちですが,これらはパーミッションレスブロックチェーンプラットフォームとも呼ばれます.設計上,ユーザーの匿名性の向上と保護に努めています.

ユーザーが誰であるかわからない場合でも,ユーザーが読み書きできるデータを制御したりすることはできません.

ユーザが価値のある通貨を持っているのであれば,他の誰かと同じように,彼らはそれを交換してそれを使うことができ,そしてそれを使って望み通りのことができるはずです.これは,どのクラスのユーザーも他のクラスのユーザーと異なる扱いをしたくないからです.そのために,私たちにはパブリックブロックチェーンがあり,それはプライベートパーミッションブロックチェーンとはまったく異なる生き物です.

プライベートブロックチェーンは,誰がこのブロックチェーンにデータを書き込むことができるかを制御し,そしてこのブロックチェーンから誰がデータを読み取ることができるかを制御したいのです.そしてそれをするため重要なことはアイデンティティです.誰がブロックチェーンネットワークの一部であるかを知る必要があります.ユーザーが誰であるかわからない場合は、元データにコミットできるデータと元帳から使用できるデータについてのルールを定義するのは不可能ではないにしても困難になります。

ほとんどの場合、プライベートブロックチェーンにはアイデンティティ管理ツールが付属しているため,独自のアイデンティティ管理ソリューションをプラグインできます.これは,会員制サービスプロバイダには有用です.すべてがユーザーが誰であるかを理解することから始まります.自分がどの役割に属しているのかを判断できます.そして,その役割を使用して,どの情報にアクセスしてアクセスできないかを判断できます.

パブリックブロックチェーンでは,ユーザーが誰であるかわからないため,ユーザの行動をより良くするためのインセンティブを変更する必要があります.

システム内のすべての人が誠実に,そして規則に従って行動することを確実にするために,私たちは経済学とゲーム理論を学ぶ必要もあるでしょう.。

プライベートブロックチェーンでは,上記の問題をユーザーが誰であるかを知っているという事実によります.

そのため,企業のケースでは,ビジネスのブロックチェーンがあります.これは,個人が誰であるか,関連する組織,役割がわかっているためです.

パブリックブロックチェーンの利点は次のとおりです.

読み書きできる
誰でも参加できます
ブロックチェーンに何かが書き込まれると,それは変更できません.

プライベートブロックチェーンの利点は次のとおりです。

許可された企業
企業は,リソースとブロックチェーンへのアクセスを制御します.
必要に応じてノードやサービスを追加できる.

企業にとっては,匿名性は悪いことです,完全な透明性を求めているわけではないので,参加者全員が誰であるかを正確に知りたいし,彼らが誰であるかを知る必要があります.

それは、実はすべてアイデンティティ管理に行きつきます.

そして,それが一言で言えばパブリックとプライベートのブロックチェーンの違いです.