デジタル・アジール・モデル Ver1.0


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会においては開発された技術が,いつのまにか社会構造を操作する大きな力をもつ主体により制限または制御される.我々はそれを否定する.我々は既存の社会で標準化されている制度や産業の多くは望ましくないという前提のもとに新しい技術化された共同体,アジールを考察し,これを技術的に実装する.

 社会は確かに歴史的な大きな抗争を経て徐々に均衡点に収束しているようにみえる.その潮流の中で,先人の研究も含めて我々はよりよい社会の在り方を考察してきた.そこで我々は社会とは人が作り上げる限り収束しないと考えるに至った.ここにハクティビズムにおける真の原理がある.

    さて,ネットワーク上のアジールに相当するものは,日本において例えば旧くは2チャンネル,現在では複数アカウントを利用したTwitterがあるが,これらはすべて制御社会の中に存在する.現在,世界中で展開されている制御社会に対応するために匿名性の必要性が高まっている.しかしながら,匿名性の概念は違法行為に結びつく可能性を含むので,反社会性を伴う場合もあり懸念もされている.我々はその匿名性を用いてこそネットワークの中にアジールを構築する.我々は,自分のアイデンティティを隠すことを望んでいる.ここでは,外部から事実上不可視になるような共同体の匿名性を強い匿名性と呼ぶ.それによって権力機構から自立した共同体を甦らせ,この息の詰まる社会から脱出する場所,アジールを仮想的に実装する.ダークウェブは市場的価値に意味を見出しているという点で,我々のアジールとは本質的に異なる.

  我々は制御社会を逃れて,人が自由に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アジール・モデル Ver1.0  と呼ぶ.デジタル・アジール・モデルでは,ブロックチェーン技術を用いる.キリスト教はその中にすでにキリスト教倫理として合意形成手法を内包しており,これを,PoW(賢者),PoS(富豪)と比較してProof of Sacrifice(PoS:聖者)と呼び,デジタル・アジール・モデルの基盤とした.デジタル・アジール・モデル では,ブロックチェーンの強い匿名性とメカニズム(デザイン),トランスヒューマニズムから社会の中に不可侵な領域,アジールを再構成することを提案する.

  現在の社会は社会からのフィードバックを我々が調節しようと試みてもフィードバックするプロセスが我々の予測を越えて制御することができないという技術的特異性の反映である社会的特異性に達している.トランスヒューマニズムにおける新興技術の既存社会への破壊的な性質は,より多くの情報を処理するには利用可能な選択肢や手段が多くあった方が好ましいという思想であり,それはキリスト教倫理と相容れないものではない.自由を拡大するには技術を拡大する必要もある.我々が,現在の状況について危惧するのは,技術が抑制されるつつあることであり,既存の社会構造を変えるような技術には鋭いバイアスがかかることである.社会における規範倫理の重要性は言うまでもないが対応が追いついていない.ゲーム理論ではルールが与えられた上で結果を分析するが,メカニズムではある望ましい結果を得ることができるようなルールを設計する.メカニズムは,人が集団としての意思決定をする場である社会におけるルールやプロトコルである.ここにキリスト教倫理を適用し,その維持や運営をGNUの思想と機械によって達成することを提唱する.

 本稿では,デジタル・アジール・モデル Ver1.0を提案した.それは,高デジタル化されたアーミッシュと呼ぶべきものである.

 最後に我々は,今の社会構造に不満を抱いている人たちは,人が新たな自由の獲得手法を手に入れたことを確信する.

ビザンチン将軍問題 再び


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとビザンチン将軍問題は,しばしばセットで見かけます.

それが何を意味するのか疑問に思っているならば,もう一度考えてみましょう.

1982年に,ビザンチン将軍問題と呼ばれる数学的問題が定式化されましたが,その本質について知っている人は多くないです.

1つの城塞帝国が,他方の帝国から狙われています.戦闘力のバランスは,2つの帝国間で均等だとします.

ここで,狙っている帝国の将軍のすべてが同時に攻撃することに同意すれば,彼らは城塞帝国を克服し戦いに勝つのに十分な力を持つことになりますが,
何らかの理由で彼らが同時に攻撃を調整できず,たかだか1人の将軍でさえメッセージを逃すと,狙っている帝国は戦いに敗れます.

これは,暗号化について説明しています.

協働して何かをしようとするとき,伝え合うメッセージが改ざんされていないことをどうやって保証するのでしょう.

基本的に解決策は,すべての将軍ができるだけより多くの計算をできるようにすることです.裏切り者を計算力で排除するのです.

だから,ブロックチェーンがより多くの計算能力,チェーンの中でより多くのハッシュ能力を持っていれば安全になるというこの考えがでてくるのです.

ビザンチン将軍問題は暗号化についての物語であり,これは単に敵対者や悪意のある人々の存在下で情報を安全にやり取りする方法の研究であり,それがすべてのセキュリティと不変性の根底に横たわっています.

合意形成プロトコルCBCについて


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

合意プロトコルは,通信ノード同士が何かに同意することを保証するメカニズムです.ブロックチェーンで新しいブロックをダウンロードするノードは,システムの履歴としてトランザクションに確実に同意することを望みます.作業証明(PoW)では,ノードがあるトランザクションでハッシングを解くと,標準チェーンに含まれることを意味します.

PoWの欠点は,非常に多くのエネルギー消費と,ブロックチェーンを維持するセキュリティとを満たしながら,スループットを増加させることが可能かどうかが定かではないところです.それでは,他の合意プロトコルはあるでしょうか?,作業料分だけ手数料を受け取るのは,理にかなっています.

それでも,Proof of Stake(PoS)という手法もあります.それは,ある量の資本を(例えば暗号通貨)を持つノードを信用して,次のブロックの選択権を得るというものです.

ここでは,合意プロトコルの概念を確認していきましょう.

CBCというプロトコルを説明していきます.

システムを設計するとき,セキュリティは重要です.システムを徹底的にテストすることは,システムが意図したとおりに機能することを確認する1つの方法です.それは予測可能な方法で機能しているでしょうか.与えられた入力は,内部的な矛盾を引き起こしませんか.

ここで,紹介するCBCという手法は,次のようなことも許容します.システムの部分が,未定義のままにされるかもしれません,これはよく言えば仕様が変更できるということです.ある性質Pがある空間Sに存在するメカニズムとして成立することを証明することができれば,Sのサブセット上でのメカニズムS’で,性質P’を証明できるかもしれません.たとえば,Sをブロックチェーン合意メカニズムのSとします.最長のチェーンフォーク選択するというこというメカニズムがS’になるように考えましょう.フォークの選択へある規則制をもちこむことによって一貫性が得らます.それは,S’におけるプロパティP’を得ることでもあります.

ノードがやり取りするメッセージは,可能な合意値を見出し,この値について合意を達するために送信されます.

合意値
検証(送信者)への参照
プロトコルによる状態の参照(正当化)

例えば,AとBという2つの検証があり,常にメッセージに値1を送信します.プロトコルは,最初は何もしません.だれでも送信できるメッセージは,名前,値1、および前の状態への参照,空集合だけです.この時点でネットワークのノードから見えるものは,空集合ø,Aからのメッセージ,Bからのメッセージ、またはAとBからのメッセージです.

私たちは,新たなメッセージが構築される以前のプロトコルによる状態を参照できるようにするために各メッセージを必要とします .プロトコルによって送られのは,単なるメッセージであり,それぞれのメッセージは以前のプロトコルによる状態を参照します.

プロトコルによって,タイミングにより,状態は分岐するかもしれません.

その場合,ノードはどちらが正しいのかを決定できなければなりません.つまり,合意値が0と1の両方であると決定することはできないいうことです.これが安全性の保証となります.

このような安全性を保つことは,2つのノードにとっては簡単です.2つのノードによって決定された合意値はお互いに明白です(常識的には片方が決まれば,もう片方決まります)が,例えば,3つの合意値が一致しないことがあります.
ライトを点灯させるには2つのスイッチをオンにする必要があるとします.2つのノードがスイッチを観察し,3つめのノードはライトを観察します.1つのスイッチがオンになっていても,必ずしもライトが点灯しているとは限りません.つまり,ライトが消えている間は,2つのノードは両方のスイッチがオンになっているのを観察することはできません.これは,両方のスイッチがオンになっていても,ライトが点灯していないことも許します.

このようなことは,ひとつのスイッチとライトの点灯の有無は明白です.

そこでCBCは,メッセージに重みづけ(合意値0のようなメッセージは重みをなくす)をして,重みがある閾値よりも大きい限り一貫した決定を下せるようにします.

これまでのところ,決定はプロトコルによる状態に依って行われて,プロトコルによる状態から合意値に向かう関数を私たちはもっていません.ここで,注目すべきは,推定量という概念の導入です.プロトコルによる状態が与えられると,推定量は合意値を返します.CBCでは,推定量は未定義のままです.

ブロックチェーンのスケーラビリティ 4


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

先回の続きで,ブロックチェーンのスケーラビリティ解決策を記していきます.

4)シャーディング

ブロックチェーンの分割は,従来のデータベースの分割と似ています.従来のデータベースでは,負荷分散のためサーバーを分割しました.

同様に,ブロックチェーンの分割でも,ブロックチェーンの全体的な状態がさまざまな部分に分割され,各部分はネットワーク内のさまざまなノードによって格納されます.

ネットワーク上で発生するトランザクションは,どのシャードが影響を受けるかに応じて,各ノードに送信されます.各部分は状態のごく一部を並行的に処理します.このとき,シャード間で通信するためには,何らかのメッセージ受け渡しメカニズムになります.

例えば,シャード内のトランザクションが実行されると,ローカルシャードを更新し,同時にレシート(更新した証拠)を生成します.このレシートは,共有メモリに記録されます.

ブロックチェーンを分割するには,高いセキュリティを維持しながら,すべてのノードがすべてのトランザクションのごく一部しか処理しないネットワークを構築する必要があります.これは極めて難しことです.

それは,ブロックチェーンプロトコルでは、ネットワーク内のすべてのノードが互いに信頼し合うとは限らないと想定しています.それでも、トランザクションは異なるコンピューターで処理されるにもかかわらず,共通の状態について合意している必要があるからです.これを解決するには,多くの権限を持つ可能性のある攻撃者に機会を生み出すことなく,どのノードが安全な方法でどの断片を検証するかを決定するメカニズムを見つける必要があります.

分割を実装するのが難しいもう1つの理由は,ブロックチェーン上で実行されるトランザクションがブロックチェーン内の前の状態のどの部分にも依存する可能性があるため,並行して処理するのが困難になるためです.さらに、並列化を使用すると,競合状態などを緩和するための絶対確実な方法が必要になります.

セキュリティーで稼ごう


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

もし,ある組織でデータの漏洩があった場合,サイバーセキュリティに知らせることが重要です.

サイバーセキュリティは,コンピュータ・ログやマルウェアのスペシャリスト,弁護士がチームを作ればよいでしょう.

サイバーセキュリティを職とする人は不足していますが,高額な収入を得られます.
これは,サイバー犯罪が2015年に多大なの損害をもたらしているからです.

言い換えれば,技術の進歩は倫理的なハッカー,つまり「ホワイトハット」に対する大きな需要を生み出したのです.私たちのシステムを保護し,悪意を持っている人たちと戦うことができるコンピュータに熟練した人々への需要が増えたのです.それで企業はコンピュータセキュリティを職にする人々を見つけるのに苦労しています.

あなたが技術者でセキュリティについて興味があるならば,ぜひ,この業界にチャレンジしてください,飽きない仕事が待っています.