ブロックチェーンのスケーラビリティ 3


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンの大きさを自由に変更できるようにすることは,既知の課題で,数年間にわたって活発に研究されています.

具体的には,

1)SegWitによる解決策です.

Segwit(セグウィット)とは,Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域),の略語です.Segwitはトランザクション情報をコンパクトに圧縮することでスケーラビリティ問題の解決が期待される技術のひとつです.

2)ブロックサイズを大きくする.

各ブロックに収まるトランザクション数を増やすことができ,ネットワークは1秒あたりのトランザクション数を増やすことができます.

3)ステートチャネルを使う.

ステートチャネルは次のように機能します.

ブロックチェーンの一部は,マルチシグネチャまたは,ある種のスマートコントラクトを介してロックされています.その場合、チェーンを更新する唯一の方法は,特定の参加者が完全に同意した場合です.

参加者は、トランザクションを直接ブロックチェーンに送信せずにトランザクションを作成して暗号署名することによって,自分自身で更新を行います.新しい更新は以前の更新を上書きします.その後,参加者はブロックチェーンに更新した結果を送り返し,そこでブロックは,ステートチャネルを一旦閉じて,再びステートチャネルを解除します.

ステートチャネルを使うことで,更新を無制限にして,無期限に開いたままにすることができます.このときブロックチェーンは,最終トランザクションを処理するための決済レイヤとして純粋に使用されて,ブロックチェーンの負担を軽減するでしょう.ただし仕組み上トランザクションの透明性は低くなります.

次回に続きます.

ブロックチェーンのスケーラビリティ 2


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

前回の続きです.

それでは,スケーラビリティは実際どのようになっているのでしょうか.

Ethereumのノードにおける理論上の最大トランザクション処理能力は,毎秒1,000トランザクションを超えます. 残念ながら、これはEthereum手数料を鑑みると実際の処理量ではありません.現在のところ,各ブロックの平均手数料は約670万ガス(手数料の単位)です.

トランザクションには,送信者が購入しても構わないと思っているガスの最大量を指定するための手数料を制限するフィールドがあります.したがって,各ブロック内の各トランザクション数は,手数量の制限値に基づいて,決定されます.

たとえば,スマートコントラクトで使用される手数料の平均値は50Kです,Ethereumの場合は,手数料の制限値より,1秒間に約7トランザクションとなるのです.

Ethereumネットワーク上のトランザクション数が大幅に増加しているという事実と組み合わせると,これがいかに問題になるかがわかります。.手数料の制限値は,トランザクションが増えれば増えるほど,スケーラビリティの足かせになります.同様にこのような例は.Bitcoinでもみられます.

ブロックチェーンを拡大縮小するには,すべてのノードに計算能力を変化させる必要があります.

次回は,どのようにすれば問題を解決できるのかを説明します.

ステーブルコイン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

私たちが,暗号通貨を普通に用いることには,複数の問題があります.その中でも重要なことは,ボラティリティです.暗号通貨の価格変動が,私たちを不安にします.それゆえ,通常通貨の相対的な安定性と,暗号がもたらすセキュリティと革新性を兼ね備えた安定した通貨,ステーブルコインが必要です.

ステーブルコインについて知っておく必要があるのは,安定性を裏付けるだけの価値を持たせることです.たとえば,円で担保されている安定した硬貨は,戦争や大きな経済危機が国を混乱に陥れない限り,1日でその価値が半分になるようなことにはなりません.

この安定性は,もちろん裏付けとして選択したものによって変化します.

ステーブルコインには,3つのコアタイプがあります.フィアットバック,クリプトバック,ノンバックです.

フィアットバックによるステーブルコインは,その価値を保証するために通貨またはその他の貴重な資産に依存しており,通常は1:1の相関関係にあります.例えば,米ドルです.

クリプトバックは,フィアットバックのように価値が1:1に保証されているわけではありません.代わりに,複数の暗号通貨を1つのステーブルコインと見立てて銀行に預けます.

ノンバックは,通貨の利用拡大こそが価値の保証になります.

ステーブルコインは,その性質より,社会全体に定着する可能性が高いでしょう.

ステーブルコインは現在,いくつかの問題を抱えています.ステーブルコインが,最終的に安定性とトレードオフにある集中化を招くということです.合意形成がここでも課題となるでしょう.

10 things blockchain isn’t(日本語版意訳) by Jack Dossman


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

人々は,ブロックチェーン技術を過大評価しています.多くの人がこの技術の可能性について間違った印象を持っています.
ブロックチェーンは,独特な機能を備えた単なるデータベースです.

たとえば,ビットコインなどの暗号通貨に使用すると,ビットコインの背後にあるブロックチェーンによって世界中のどこにいても,銀行や他の仲介者を必要とせずに,送金することができます.

  1. ビットコインは不正ではありません.

確かに,ビットコインとブロックチェーンは,欠点があります.作業を証明するコンセンサスメカニズムは,驚くべき量の電気を使用しており,多くの人々が投機や違法行為にこのシステムを利用しています.この技術のマイナス面に焦点を当て,ビットコインを不正と呼ぶことは,適当ではありません.

2.ブロックチェーンはあなたの会社の株価を上げる方法ではありません.

コダック,ロングアイランドアイスティーは,いずれも,実際にブロックチェーンを用いていなくても,ブロックチェーンという言葉を付け加えて株価が急上昇している企業の一例です.

3.ブロックチェーンは詐欺ではありません.

4.暗号通貨は詐欺師だけのものではありません.

ブロックチェーンによって与えられる匿名性は詐欺とハッキングを可能にするものです.しかし,それは技術の不幸な側面における副作用でしかありません.ISISのようなテロリストグループは,ソーシャルメディアを使って参加者を探しています.それでも,FacebookやTwitterをあきらめなければならないわけではありません.

5.ブロックチェーンは,ブロックチェーンで事業を始めるための資金を集めるための方法ではありません.

6.ブロックチェーンはあなたのビジネスに革命を起こすことはありません.

7.ブロックチェーンがすべての業界を混乱させることはありません.

ブロックチェーンが Uber のようなものだという言葉を聞いたことがあります.通常の業態を脅かすように,すべての業界がブロックチェーンを必要としているわけではないということです.

8.ブロックチェーンは犠牲者を増やす方法ではありません.

9.ブロックチェーンはミームのプラットフォームではありません.

10.ブロックチェーンは役に立ちません.

ブロックチェーンを使用してはいけないことの概要を説明しましたが,それでもブロックチェーンが最適なアプリケーションである場合があります.ブロックチェーンを必要とする条件を見てみましょう.

共有された追加専用データベース
マルチプレイライター
信頼がない
仲介者を削除する必要性
合意と検証

それは,お金です.ビットコインのようなアプリケーションはこれらの基準をすべて満たしているので,ブロックチェーン技術の素晴らしい適用例です.

残念なことに,ブロックチェーン用の他の多くの実証済みの大きな適用例はありません.それは決して存在しないというわけではありません,我々はそれらをまだ見つけていないのです.

あなたの意見が必要です


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ビットコインの出現は,コンピュータサイエンスの分野以外の,哲学者,経済学者,法律学者にとっても見逃せない孫残胃なりつつあります.

そこでは,ブロックチェーンの規制についても議題に上がります.技術には、技術的なバックグラウンドを持たない人にとっては理解しにくいです.

ビットコインの分野を部に雇わず研究する研究者,ビットコインで何ができるのかについて考えています,技術者には見えない意味のあるコメントを提供できるのは外側の視点です.新たなアイデアは違う分野から現れます.そでなければ,コミュニティ全体への影響を理解することができずに,ある方向に向かってしまうようなリスクを負うことになります.それは,私たちが盲目にしている私たちの考えに矛盾があることを見つける方法です.

そのためには,あなたの意見が必要です.