デジタル・アジール・モデル Ver1.0


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会においては開発された技術が,いつのまにか社会構造を操作する大きな力をもつ主体により制限または制御される.我々はそれを否定する.我々は既存の社会で標準化されている制度や産業の多くは望ましくないという前提のもとに新しい技術化された共同体,アジールを考察し,これを技術的に実装する.

 社会は確かに歴史的な大きな抗争を経て徐々に均衡点に収束しているようにみえる.その潮流の中で,先人の研究も含めて我々はよりよい社会の在り方を考察してきた.そこで我々は社会とは人が作り上げる限り収束しないと考えるに至った.ここにハクティビズムにおける真の原理がある.

    さて,ネットワーク上のアジールに相当するものは,日本において例えば旧くは2チャンネル,現在では複数アカウントを利用したTwitterがあるが,これらはすべて制御社会の中に存在する.現在,世界中で展開されている制御社会に対応するために匿名性の必要性が高まっている.しかしながら,匿名性の概念は違法行為に結びつく可能性を含むので,反社会性を伴う場合もあり懸念もされている.我々はその匿名性を用いてこそネットワークの中にアジールを構築する.我々は,自分のアイデンティティを隠すことを望んでいる.ここでは,外部から事実上不可視になるような共同体の匿名性を強い匿名性と呼ぶ.それによって権力機構から自立した共同体を甦らせ,この息の詰まる社会から脱出する場所,アジールを仮想的に実装する.ダークウェブは市場的価値に意味を見出しているという点で,我々のアジールとは本質的に異なる.

  我々は制御社会を逃れて,人が自由に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アジール・モデル Ver1.0  と呼ぶ.デジタル・アジール・モデルでは,ブロックチェーン技術を用いる.キリスト教はその中にすでにキリスト教倫理として合意形成手法を内包しており,これを,PoW(賢者),PoS(富豪)と比較してProof of Sacrifice(PoS:聖者)と呼び,デジタル・アジール・モデルの基盤とした.デジタル・アジール・モデル では,ブロックチェーンの強い匿名性とメカニズム(デザイン),トランスヒューマニズムから社会の中に不可侵な領域,アジールを再構成することを提案する.

  現在の社会は社会からのフィードバックを我々が調節しようと試みてもフィードバックするプロセスが我々の予測を越えて制御することができないという技術的特異性の反映である社会的特異性に達している.トランスヒューマニズムにおける新興技術の既存社会への破壊的な性質は,より多くの情報を処理するには利用可能な選択肢や手段が多くあった方が好ましいという思想であり,それはキリスト教倫理と相容れないものではない.自由を拡大するには技術を拡大する必要もある.我々が,現在の状況について危惧するのは,技術が抑制されるつつあることであり,既存の社会構造を変えるような技術には鋭いバイアスがかかることである.社会における規範倫理の重要性は言うまでもないが対応が追いついていない.ゲーム理論ではルールが与えられた上で結果を分析するが,メカニズムではある望ましい結果を得ることができるようなルールを設計する.メカニズムは,人が集団としての意思決定をする場である社会におけるルールやプロトコルである.ここにキリスト教倫理を適用し,その維持や運営をGNUの思想と機械によって達成することを提唱する.

 本稿では,デジタル・アジール・モデル Ver1.0を提案した.それは,高デジタル化されたアーミッシュと呼ぶべきものである.

 最後に我々は,今の社会構造に不満を抱いている人たちは,人が新たな自由の獲得手法を手に入れたことを確信する.

デジタル・アナーキズム・モデル Ver2.0


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

デジタル・アナーキズム・モデル Ver2.0

-逆ゲーム理論と無政府主義的なトランスヒューマニズム-

 昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 我々は制御社会を克服して,人が民主的に生きられるような(富 ⊇ 情報 を再分配可能な)新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アナーキズム・モデル と呼ぶ.デジタル・アナーキズム・モデルでは,ロールズの原初状態における無知のヴェールをキリスト教倫理に重ね,平等な関係性の経験を通して現実の社会構造に反映させる合意形成手法として,相対的な無知のヴェールを提案し,これを,PoW(賢者),PoS(富豪)と比較してProof of Sacrifice(PoS:聖者)と呼び,デジタル・アナーキズム・モデルの基盤とした.我々はこれを用いて,富 ⊇ 情報 を再分配するアプリケーションを実装しようと試みた.

 このような理想的な社会構造を作り上げるために楽観的な思想を基盤とした我々の試みに異議もある.確かに,歴史的に社会は大きな抗争を経て徐々に均衡点に収束しているようにみえる.その潮流の中で,先人の研究も含めて我々はよりよい社会の在り方を考察したきた.しかなしながら,我々も異議を反芻するにあたり,社会は人が作り上げる限り収束しないと考えるに至った.

 我々は,デジタル・アナーキズム・モデル Ver1.0 をバージョンアップして,メカニズム(デザイン)≒逆ゲーム理論と無政府主義的なトランスヒューマニズを採用し,社会を再構成することを提案する.

 ゲーム理論ではルールが与えられた上で結果を分析するが,メカニズムではある望ましい結果を得ることができるようなルールを設計する.メカニズムは,人が集団としての意思決定をする場である社会におけるルールやプロトコルである.計算機科学では,例えば,マルチエージェントシステムにおいて,利己的なエージェントを仮定する状況では,システムとして全体を制御するために最低限のルールやプロトコルを最初に設計する必要がある.これを現実の社会に応用する.

 また,現在の社会は社会からのフィードバックを我々が調節しようと試みてもフィードバックするプロセスが我々の予測を越えて制御することができないという技術的特異性の反映である社会的特異性に達している.我々は人の身体的能力を拡張することを通して民主主義と呼ばれるものを変革する.そこではトランスヒューマニズムにおける新興技術の既存社会への破壊的な性質を利用する.

 トランスヒューマニズムは,我々が社会との関わり方においてより多くの選択肢を持つべきだと主張する.それは必ずしも物理的な身体能力の拡張に括られない.すなわち,より多くの情報に基づいて選択できる幅広いツールを使用することが重要であり,自由を得やすくするためには,利用可能な選択肢や手段が多くあった方が好ましいと考える.自由を拡大するには,最終的に技術を拡大する必要もある.我々が,現在の状況について危惧するのは,技術が抑制されるつつあることであり,既存の社会構造を変えるような技術には鋭いバイアスがかかることである.社会における規範倫理の重要性は言うまでもないが対応が追いついていない.

 我々が開発する技術をトップダウンで制限または制御しようとすることは,インターネットで完成された中央集権的なシステムの再現である.我々の既存の社会で標準化されている制度や産業の多くは望ましくないという前提のもとに新しい技術化された社会を考える.これを実装することをデジタル・アナーキズム・モデルVer2.0とする.

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

1. はじめに

 インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,ネットワークのあらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマン[1]は営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない.さらに自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アナキズムと呼ぶ.

 本稿では,ブロックチェーンの可能性を考察し,ブロックチェーンがデジタル・アナキズムに整合性があるか否かを提案する.

 はじめに,ビットコインとブロックチェーンテクノロジーの概要を説明する.次に,リバタリアニズムを紹介してから,それがブロックチェーンにどのように適用されるかを考察し,最後に,デジタル・アナキズムについて議論して,イデオロギーをブロックチェーン技術に適用する.この手続きにより,ビットコインとブロックチェーンの背後にある概念が,社会的および政治的哲学を支援することに有用かを判断することができ.

 なお本稿では,主権,国家,および政府という用語は同義語であり,同じ意味をもっている.

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

概要

 ビットコインは,しばしばリバタリアンが理想的な社会を創る道具として引用されている.ただし、ビットコインを支える技術であるブロックチェーンは,アナキズムにも適した特性をもつ.中央当局を経ることなく緩い匿名性を提供するビットコインの能力は,リバタリアンの支持を得ている.さらにアナキズムを支持するブロックチェーン・テクノロジーの考察は,暗号アナキストに偏っている.

 本稿では,ブロックチェーンの説明後,暗号アナキズムとは異なるデジタル・アナキズム・モデルを提案し,アナキズムをを支えるテクノロジーとして理想的であるブロックチェーン特有の協力的性質を複数の局面から考察する.

 これにより本稿では,ブロックチェーンは単なるリバタリアンや暗号アナキストの道具ではなくて,デジタル・アナキズムのガバナンスを強化するものだと提案する.

プログラム化された社会 vs. 制御社会

未来を変える仮想通貨を作っていこう

自分の考えていることです.

インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

   昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,あらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマンは営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない,さらに,自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.

ビザンチン将軍問題 再び


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとビザンチン将軍問題は,しばしばセットで見かけます.

それが何を意味するのか疑問に思っているならば,もう一度考えてみましょう.

1982年に,ビザンチン将軍問題と呼ばれる数学的問題が定式化されましたが,その本質について知っている人は多くないです.

1つの城塞帝国が,他方の帝国から狙われています.戦闘力のバランスは,2つの帝国間で均等だとします.

ここで,狙っている帝国の将軍のすべてが同時に攻撃することに同意すれば,彼らは城塞帝国を克服し戦いに勝つのに十分な力を持つことになりますが,
何らかの理由で彼らが同時に攻撃を調整できず,たかだか1人の将軍でさえメッセージを逃すと,狙っている帝国は戦いに敗れます.

これは,暗号化について説明しています.

協働して何かをしようとするとき,伝え合うメッセージが改ざんされていないことをどうやって保証するのでしょう.

基本的に解決策は,すべての将軍ができるだけより多くの計算をできるようにすることです.裏切り者を計算力で排除するのです.

だから,ブロックチェーンがより多くの計算能力,チェーンの中でより多くのハッシュ能力を持っていれば安全になるというこの考えがでてくるのです.

ビザンチン将軍問題は暗号化についての物語であり,これは単に敵対者や悪意のある人々の存在下で情報を安全にやり取りする方法の研究であり,それがすべてのセキュリティと不変性の根底に横たわっています.

ブロックチェーンの使い方

未来を変える仮想通貨を作っていこう

ブロックチェーンは,分散化されたデータベースです,ブロックチェーン長所はよく聞かされているでしょうから,ブロックチェーンの短所を話しましょう.
取引確認のスピード,電力の消費,また,コンセンサス・プロトコルは,元帳の機能とそのスケーラビリティに影響を与えます。

1) ブロックチェーンが扱う情報が多くの人々によって使用されることを前提としている場合,オンライン処理を迅速に達成することが非常に重要です.

2) スマートコントラクトを作成する際のアルゴリズムは,商取引から製造までのあらゆる領域の法的問題を解決していなければなりません.

3) ブロックチェーン・プラットフォームの開発者は,オープンソースコードの作成にまだまだ積極的に取り組まなければなりません.

さて,スマートコントラクトを作成するためのアルゴリズムで,トランザクション速度の高速化,スケーラビリティなど,いくつかの機能的な課題は,解決策を見つけられるのでしょうか.

ウクライナは,ブロックチェーン実装における世界のリーダかもしれません.ウクライナのブロックチェーンは,テストされていて,実験は28ノードとネムで行われています (ブロックチェーンのコンセンサスプロトコルは,投票システムとありますが,コンセンサスプロトコルはすべて投票です)で .手数料はかかりますが,試みが成功すれば公的に重要なデータを無制限に長期保管するための合理的な価格だと思います.

また,ブロックチェーンベースのアプリケーションは,食料供給物流の管理に積極的に使用されています.たとえば,WalmartとIBMは共同でFood Trustブロックチェーンネットワークをテストしています.サプライヤは,納期・温度条件などをオンラインで追跡および管理できます.

技術を選択するときは,その多機能性を評価する必要があります.

Proof-of-Authority?  僕の真似か...


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

合意形成は,peertopeer取引に必須です.サトシナカモトが,Bitcoinの概念を発表してから,信頼に足るトランザクションを可能にする仕組みが出来上がりました.

この概念から,合意形成モデルであるProof-of-Workが生まれました.Proof-of-Workは複雑なアルゴリズムを解くことを必要とし,膨大な量の電力と計算能力を消費します.

Proof-of-Workは,個人的なマイニングが参入することが難しくなるようなハイスペックな専用の機械の登場によって,合意形成モデルを必要としました.そこで,ユーザーフレンドリーな合意形成モデルであるProof-of-Stakeが登場しました.でも問題がないわけではなく,早期の参入者がネットワークをサポートすることに大きなインセンティブを持つという問題を抱えています.それは,新規参入者が増えないということです.

Proof-of-Authorityが登場しました.このモデルは,個人の身元をネットワークで検証することで,合意形成します.参入者は,ネットワークを検証して報酬を受け取る権利と引き換えに,個人の身元を確認されます.参入者がのテストとスクリーニングを通され,ネットワークトランザクションの検証に参加できるようになります.

Proof-of-Authorityは,プライバシーと匿名性に焦点を当てている暗号通貨コミュニティの当初の目的と矛盾するように思われますが,我々はBlockchain技術の実用的な応用が,データの分散性であることを思い出してください.実はこれに似たことを僕は考えています.

円のアップグレード


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

みずほ銀行が3月1日から開始した,日本のキャッシュレス化を促進するためのサービスJ-Coin Payですが,これは暗号通貨ではなくて ,デジタル通貨です.ブロックチェーン技術も用いられていません.

みずほ銀行は,他のデジタル通貨とも連携し,そこに暗号通貨が導入される予定です.これは当然のことながらBitcoinやEthereumなどの主流のデジタル通貨ももちろんですが,MonaCoin,NEM,Rippleなどの暗号通貨にも有効になるでしょうか.

また,クレジットカード会社や,このプロジェクトに参加していない国内の銀行にとっては負の要素が強いでしょう.

私は経済学には疎いのですが,何となく景気の転換点に来ているのはわかります.円が近い将来デフレや潜在的な世界経済の不安定化に対抗するために,日本の成長戦略の一つとして注目していますが,今のところ何も変わってないように思います.

BitGo


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

BitGoについて知っていますか?BitGoは暗号通貨を用いないブロックチェーンのサービスです.BitGoはサービスとソリューションを提供し,それらに課金するという伝統的なビジネスモデルを追求しています.

例えば,Webウォレットとしてすべてのサービスを提供するAPIを提供します.それは新しく何かを始めたい人にプラットフォーム,ゲーム,そして電子商取引ソリューションにBitGo APIを用いることができるということです.使ってみてもいいかなぁと思います.

ゲーム会社はそのプラットフォームにBitGo APIを組み込んで,様々な暗号通貨を受け入れることができます.逆に,このAPIはゲームプレーヤーにBitGo APIプラットフォームへのアクセスを提供します.

BitGoは,銀行に似ていますが,成功すれば,BitGoは成長し,世界最大のBitcoin(BTC)の取引ができると主張しています.実際,Bitgoは,Bitcoinの全取引の15%を処理していると主張しています.

さらに,BitGoは1カ月あたり150億ドルの暗号通貨を処理し,20億ドルの暗号通貨資産を保有していると主張しています.ただし,BitGoは暗号通貨の取引所ではありません.

ただし,BitGoは,少なくとも米国で最初の本当の暗号通貨銀行になるための基礎を築きはじめています.そのため,BitGoは金融業界にサービスを広げています.ゴールドマンサックスはその後ろ盾です.

BitGoはブロックチェーンサービスを販売しています.それは,プライベートブロックチェーン,API,および他の組織への暗号通貨の保管を含んでいることによって金融そのものを扱うことができるのです.このようなサービスは日本でもありそうですが,プライベートにしたときに,失われるスケーラビリティに私は疑問を感じます.

Mint Royal Mint GoldもBitGoは支えていきます.このように大規模なブロックチェーン取引インフラストラクチャの基礎を築いているため,BitGoha,暗号通貨とブロックチェーンの将来になる可能性があります.

ブロックチェーンが主流になるには,BitGoの失敗または成功によって明らかになると思いますが,それは私たちの考えている,公平と公正というブロックチェーンと異なります.サーバとクライアントで出来そうですし.