グーグルの健康診断


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える仮想通貨を作っていこう

グーグルは,2014年に買収したヘルスケアの子会社であるディープマインドヘルスを組織の主要部門に吸収させるという決定を下した.これがグーグルによる患者記録へのアクセスを可能にするかどうかはまだはっきりしていないが,そしてプライバシーへの影響は必至である.

Googleが世界中のヘルスケアデータをすべて収集して分析することができる可能性があるのです.

このことは,プライバシーへの影響にどう関係するのでしょうか.Googleがサーバーを離れることがなくても,最終的にそのデータがどのように使用されるのかわからないところで,Googleが膨大な量のユーザーデータを蓄積しているという懸念がすでに高まっています.

Google Healthのceoは,彼の最終的な意図を明らかにしていませんが,Google Healthが存在するという事実は,Googleがヘルスケア分野に参入するということを示しています確かに人の健康にとって魅力的なものもあります.1つのサービスはAIを使用して眼疾患をスキャンし,医師は患者記録をもつことによって患者の容態の変化を支援します.

AI使用すると,患者の容態が改善される可能性がありますが,Googleは既に場所,個人的な好み,そして知られては恥ずかしいことにも.すべてのGoogle検索などの驚くべき量の個人データをユーザーに保持しています.

検索エンジン会社はなぜ健康に興味も持ったのでしょうか.

Googleの医療費とその長い歴史との関連性を検索エンジンとして見ていない人もいるかもしれません.

Googleの最初の目標は「世界の情報を整理し,それを普遍的にアクセス可能で有用なものにすること」でした。Googleは,十分に社会に貢献しています.実際のところグーグルなしでインターネットを利用しようとすることを想像するのは難しいです.

グーグルが世界の医療情報を整理し,それを有用かつアクセス可能にすることができれば,、医療は変わるでしょう.研究者はパターンを識別することができるでしょう,そしてこの情報がグーグルのユーザーデータと組み合わされるならば,社会は変わるでしょう.しかし,これらの進歩は私たちのプライバシーを犠牲にしてもたらされる可能性があり,市民に関するそのような多くの情報をこれほど保持している会社をしりません.

Googleの検索バーに「am I」と入力して,確認してみます.

Google検索を使用して,自分が疑われる状態を診断しています.

私たちは心配するべきですか?

一言で言えば,はいでしょう.しかし、グーグルがあなたの医療記録を手に入れるまでには,おそらく長い時間がかかるでしょう.私たち全員が心配しなければならないのは,グーグルを医療診断サービスとして利用する傾向,そしてより一般的に言えば、テクノロジーの巨人が保有する大量の個人情報です.

プライバシーを危うくすることなく人々の生活を楽にするという私たちのビジョンを共有しますか?