Facebookと暗号通貨


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

世界最大のソーシャルネットワークは,あなたの人生を知ってると言ってもいいでしょう.Facebookは,あなたがあなたのお金をどのように使うかを知りたいのです.

驚くべきことですが,Patrick Tanによれば,ある女性が妊娠した時に彼女の父親が遠方にいたのにもかかわらず,彼女の父親の広告枠にマタニティ関係の広告が埋められていたことに気づいたのです.父親は自分の妻が妊娠していないことを知っていたので,娘に会いに行ったそうです.

言うまでもなく私たちのFacebookやGoogleアカウントを使ってウェブサイトにログインすることによって残されたクッキーは,私たちのオフライン生活に関するデジタルの痕跡と手がかりを残します.

彼らは,私たちをみています.

宣伝や広告をターゲットにしているかどうかにかかわらず,私たちがインターネットへ流出するデータは,Google,Facebook,Amazonなどが,必要以上のものを購入させたりします.

私は,利便性という観点からプラットフォーム自体は問題ないと思います.

それでもFacebookが米ドルに裏打ちされた独自の暗号通貨を発表するという報道は,危険な感じがしました.

それは,サトシ・ナカモトの想いとそれが構築したオープンソースのブロックチェーンとどのように関わるかはわかりませんが,彼らが,その想いをわかるでしょうか.

Facebookは,なんと15億人のユーザに裏付けされた暗号通貨に基づく支払いシステムを完成させるために多くの金融会社と商品提供者と手を結ぼうとしています.

これは,トークンが最終的に使われるプラットフォームを既に持っていることを意味しています.

非常に多くのWebサイトでユーザーが自分のFacebookアカウントを使用してログインしていることは,最終的に彼らの利益になるでしょう(管理コストの問題が解決すればですが).

そしておそらくFacebookのユーザーがこれらのコインを受け取ったら,彼らはそれを使って広告主自身が提供する商品やサービスの代金を支払うことができるでしょう.まさにFacebookの言うがままです.

ただし,Facebookが発行した暗号通貨が基軸通貨に基づいていなければならないでしょう.

でも,負の面だけではないかもしれません.

例えば,クレジットカードがいらなくなります.これは,これは発展途上国では有効でしょう.

それでも,Facebookは,分散型の平等主義の世界を目指すことはないように思えます.

中国のAlibabaやTencentのような企業は,すでに,中国の銀行やクレジットカード会社よりも強力です.ですから,Facebookが独自の暗号通貨を開発することを推進してきたことは驚くべきことではないはずです.

プラットフォームとしてのFacebookが,世界の民主主義において,その存続をテクノロジで揺さぶる可能性があるとしたら,私たちの個人的な生活にまで影響を与えることができるでしょう.そうなったとき,分散化の利益、ブロックチェーンの存在意義は失われてしまいます.

これは,怖いことです.

スマートシティ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

メディアによると2019年が,IoTの年となるらしいです.それでも私たちのほとんどは,IoTとは?と思うでしょう.

IoTとは何でしょうか?

スマートサーモスタットやドアベル,コネクテッドライト,スマートキッチン家電,バスルームなどの製品例があり,IoTの最もよく知られているカテゴリはスマートホームです.たとえば,家に着いたら,スマートフォンのアプリを使ってホームセキュリティシステムのロックを解除できます.1秒後にガレージのドアが開き始めます.この例は,リモートコントロールの利便性を示しています.

では,スマート牛を知ってますか?,牛乳生産,分娩など,牛の健康のさまざまな側面を監視するセンサーを身につけることで,普通の牛ならすぐに管理可能です.最終的には牛たちのビジネスのための収益と消費者のために高品質の製品として管理されるのです.

さらにスマートシティを考えてみましょう.スマートフォンと都市を組み合わせることができれば,それはスマートシティです.スマートシティはすべての参加者(住民,企業,地方自治体,旅行者など)に多くのメリットをもたらすかもしれません.

あらゆる産業分野でのスマート化の例は他にもたくさんあります.高層ビルのスマートエレベーター,建設現場のコネクテッドツール,大学キャンパスのスマート教室,インテリジェントタイヤ.

人はIoTの対象になれるのでしょうか?

牛から人への移行はそれほど大きなものではなく,少なくとも技術に関する限りでは可能です(ただし自由意思のことは考えません).

IoT技術が糖尿病のような病状を持つ人々を助けたり(子供の患者やその両親にとって非常に重要です),高齢者の自宅での高齢化への対応も可能なります.

また,人のデータは他のスマートな機械を監視することの副作用として集められるかもしれません.たとえば,あなたはスマートコーヒーマシンを買ったとしましょう.機械製造業者は,製品を改善するためにIoTを使用して機械の動作を監視していますが,その過程で,彼らはまたあなたの個人的なコーヒーの嗜好について非常に多くのことを知りえるでしょう.ユーザーはこの監視に気づいていないかもしれません.

最も疑わしい例では,人々が監視のターゲットになるかもしれず,当人はほとんど気付かないかもしれません.そうです,マイクロソフトは,ユーザーがWindowsおよびOfficeで行うことすべてに関する多くの情報を収集できます.同様に,Googleは,Androidのユーザーに関する大量の情報を収集できます.もちろん,利用許諾をしていますが,ほとんどの人はそれらを読んでいません.確かに,購入した後はすでにコミットされているのです.

公共の場所にいるときはいつでも,防犯カメラで監視することができます.これは合法です.しかし,中国の社会信用制度のように,プライバシーに関する激しい議論が生じる可能性があります.

IoT機能と統合できるすべては,やがてスマートになるでしょうが,課題はあります.


グーグルの健康診断


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

グーグルは,2014年に買収したヘルスケアの子会社であるディープマインドヘルスを組織の主要部門に吸収させるという決定を下した.これがグーグルによる患者記録へのアクセスを可能にするかどうかはまだはっきりしていないが,そしてプライバシーへの影響は必至である.

Googleが世界中のヘルスケアデータをすべて収集して分析することができる可能性があるのです.

このことは,プライバシーへの影響にどう関係するのでしょうか.Googleがサーバーを離れることがなくても,最終的にそのデータがどのように使用されるのかわからないところで,Googleが膨大な量のユーザーデータを蓄積しているという懸念がすでに高まっています.

Google Healthのceoは,彼の最終的な意図を明らかにしていませんが,Google Healthが存在するという事実は,Googleがヘルスケア分野に参入するということを示しています確かに人の健康にとって魅力的なものもあります.1つのサービスはAIを使用して眼疾患をスキャンし,医師は患者記録をもつことによって患者の容態の変化を支援します.

AI使用すると,患者の容態が改善される可能性がありますが,Googleは既に場所,個人的な好み,そして知られては恥ずかしいことにも.すべてのGoogle検索などの驚くべき量の個人データをユーザーに保持しています.

検索エンジン会社はなぜ健康に興味も持ったのでしょうか.

Googleの医療費とその長い歴史との関連性を検索エンジンとして見ていない人もいるかもしれません.

Googleの最初の目標は「世界の情報を整理し,それを普遍的にアクセス可能で有用なものにすること」でした。Googleは,十分に社会に貢献しています.実際のところグーグルなしでインターネットを利用しようとすることを想像するのは難しいです.

グーグルが世界の医療情報を整理し,それを有用かつアクセス可能にすることができれば,、医療は変わるでしょう.研究者はパターンを識別することができるでしょう,そしてこの情報がグーグルのユーザーデータと組み合わされるならば,社会は変わるでしょう.しかし,これらの進歩は私たちのプライバシーを犠牲にしてもたらされる可能性があり,市民に関するそのような多くの情報をこれほど保持している会社をしりません.

Googleの検索バーに「am I」と入力して,確認してみます.

Google検索を使用して,自分が疑われる状態を診断しています.

私たちは心配するべきですか?

一言で言えば,はいでしょう.しかし、グーグルがあなたの医療記録を手に入れるまでには,おそらく長い時間がかかるでしょう.私たち全員が心配しなければならないのは,グーグルを医療診断サービスとして利用する傾向,そしてより一般的に言えば、テクノロジーの巨人が保有する大量の個人情報です.

プライバシーを危うくすることなく人々の生活を楽にするという私たちのビジョンを共有しますか?