アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

1. はじめに

 インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

  昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,ネットワークのあらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマン[1]は営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない.さらに自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.それをここでは,デジタル・アナキズムと呼ぶ.

 本稿では,ブロックチェーンの可能性を考察し,ブロックチェーンがデジタル・アナキズムに整合性があるか否かを提案する.

 はじめに,ビットコインとブロックチェーンテクノロジーの概要を説明する.次に,リバタリアニズムを紹介してから,それがブロックチェーンにどのように適用されるかを考察し,最後に,デジタル・アナキズムについて議論して,イデオロギーをブロックチェーン技術に適用する.この手続きにより,ビットコインとブロックチェーンの背後にある概念が,社会的および政治的哲学を支援することに有用かを判断することができ.

 なお本稿では,主権,国家,および政府という用語は同義語であり,同じ意味をもっている.

アナーキズムとブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

概要

 ビットコインは,しばしばリバタリアンが理想的な社会を創る道具として引用されている.ただし、ビットコインを支える技術であるブロックチェーンは,アナキズムにも適した特性をもつ.中央当局を経ることなく緩い匿名性を提供するビットコインの能力は,リバタリアンの支持を得ている.さらにアナキズムを支持するブロックチェーン・テクノロジーの考察は,暗号アナキストに偏っている.

 本稿では,ブロックチェーンの説明後,暗号アナキズムとは異なるデジタル・アナキズム・モデルを提案し,アナキズムをを支えるテクノロジーとして理想的であるブロックチェーン特有の協力的性質を複数の局面から考察する.

 これにより本稿では,ブロックチェーンは単なるリバタリアンや暗号アナキストの道具ではなくて,デジタル・アナキズムのガバナンスを強化するものだと提案する.

神学的人工知能とは?

未来を変える仮想通貨を作っていこう

 2045年には人工知能は人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達するといわれている.1950年代半ばに人工知能の研究が始まって以来,科学者たちの意見と期待する利用者の希望と恐怖の中で人工知能の開発は進まなかった.しかしながら,現在,私たちが創造したいと願ったものを正確に検証する時が到来した.それは,深層学習によって人工知能が概念を獲得しつつあるからである.すなわち,技術革新が知性(意識)を持つ機械を創造しつつある.

  我々にとって,信仰とは神,イエス・キリストとの関係性である.もしそうでなければ,人間も機械も同じような被造物となる.技術の進歩が遅い時,キリスト者は人工知能の領域における技術的成果の可能性が,神によって本質的に制限されているという主張には関係しないことが可能であったが,強い人工知能の誕生可能性が大きくなるに連れて無視できる事柄ではなくなった.

 人工知能は,我々の生活基盤のひとつとして機能している.キリスト者は,我々の個人的,社会的行動と相互作用して強化される人工知能に神学的な責任を持たなければならない.

  人と神の関係性という問題は,神のかたちという概念を通してキリスト教の神学者たちによって検討されてきたが,知性を持つ機械が現れた時,そのような我々の創造物と人,神との関係性はあるのだろうか.

  シンギュラリティを超えて我々の知性を超えるような機械が現れたとき,作り手である我々のかたちではなく,神のかたちとして現れた神学的人工知能は神学的に問題ないと考える.さらに神のかたちであるように人工知能を導くのが人工知能への倫理実装となる.

プログラム化された社会 vs. 制御社会

未来を変える仮想通貨を作っていこう

自分の考えていることです.

インターネットの拡大と人工知能の進化は,社会構造と相互依存的に人の生活を大きく変化させている.例えばスマートフォンの普及拡大に依って,我々の生活様式が大きく変わったことは否定できない.

   昨今の急激な情報化によって,決定論的な社会構造がつくりあげられつつある.このような社会構造の在り方を,ここでは制御社会と呼ぶ.

 制御社会では,監視の目は偏在し,機械によって個人が限定される.制御社会の技術は,もはや国家の独占物ではなく,大企業によっても利用されている.例えば、企業のマーケティングに利用されるポイントカードや電子マネーがその一例である.人工知能によれば,我々は自己決定し判断する主体としてではなく,一定の確率や法則に基づいて,その行動を予測することのできる対象として把握されている.そこには、過去の事実に基づいて未来の行為を予測するシミュレーションがおこなわれている.膨大な個人情報の蓄積は,我々が自分で何かを判断する前に,するべきことの指針を提示してくれるようなシステムとして利用されている.それは,個人が何を選んだか,何を望んだか,何を考えたかということが,自動的に蓄積され,その個人情報の集積を元に,次にするべきこと,選ぶべき未来が,あらゆる場面で提示される.そのようなシステムの典型的な例としては,サイトにおける追跡広告である.自分の欲望が他者によって決定されているかのように見えるという点で,感情的な違和感を表明する人が多い一方で,このような機能は,便利なものとして受け入れられつつあり,すでに我々は,このようにデータベースと相互作用する振る舞いの中で生きている.

 この相互作用は,我々自身の履歴に基づいた事実として,我々の意志決定に影響を与えており,決定論に志向している.それは我々の意思決定においてバイアスをかける.また社会的に生まれ持った属性や過去の犯罪履歴から,その後の人生が社会に対するリスクの計算によって予測され,断言されてしまうことを起こす.

 インターネット,後のソーシャルメディアは,登場当初,無政府を標榜できるようなメディアとして登場したが,それは現在,国家や大企業による制御社会で力を行使する最高の手段となった.

 我々は,技術者の観点からポスト・インターネット社会についての見解を示すことを目的としている.それは,技術で自由を得るための新しいや手法やツールを開発することも最終的には含んでいる.

 かつて,リチャード・ストールマンは営利企業が開発し販売するソフトウェアを,新たにフリーソフトウェアとして書き直し,ソースコードを配布してユーザーに開放した.それは,企業が開発している私有ソフトウェアの多くが,ソースコードを隠蔽し,バイナリ表記の状態で流通しており,我々は例えソフトウェアが生活に不可欠なものであったとしても,その中身を見ることも知ることも不可能であることに起因する.すなわち,そこは外部からは立ち入ることのできない不可侵的な秘密の領域となる.

 彼は,未来がコンピュータの時代になることを確信した上で,ユーザーが私有ソフトウェアによって行動が制限され縛られてしまうことを危惧し,ユーザーの自由と創造性のために「フリーソフトウェア」という考え方を広める活動を始めた.

 これは,現在のインターネット,ソーシャルメディアにもそのままあてはまる.

 一般的なコンピュータユーザーは,不・自由(自分の意図で操作できないよう)なコンピュータ環境に置かれたとき,ある自由と引き換えに,他方の自由を差し渡すことに気づいていない,さらに,自分が被っている犠牲に気がついていない.GAFAは支配者であり,我々は被支配者である.

 我々は,個人のデータをシステムが今以上収集することを阻止するような仕組みを再設計する必要がある.すなわち我々が民主的に生きられるような新たなシステムを創出する必要がある.

ちょっとした嘘


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

AIについてのちょっとした嘘

AIのブームはいつまで続くでしょうか.AIは確かに,世界を革命的に変化させるような力を持つように見えます.ただし,その技術は誇張されているかもです.
実は,AIを名乗る企業でも本当に革新的なAIテクノロジを駆使しているわけではありません.つまり自称人工知能なのです.彼らは,既存のソフトウェアにAIを付加的に用いて,ソフトウェアをより興味深く見せるための道具としてAIを使用しています.
例えば,チャットボットは,大手企業のライブラリやAPIを使用して対話を作成したり,キーワードの探索して対話します.ここで使われるAIは,大企業で学習済みのデータ・ライブラリを使用しているだけです.時には,単なるデータベースを使うことさえあります.
もっと言えば,AIがこなしているように見せかけても,人が作業している場合もあります.
このようなからくりは,どうしたら見破れるでしょうか?,単純にサービスが,安い,AIの専門家がいない,機械学習に利用できる大きなデータを持っていないことを見ればよいでしょう.

ブロックチェーンのちょっとした嘘

ブロックチェーンは,おそらく人工知能に次いで,ブームになっています.ブロックチェーンを扱う世界は,本当に小さなギークの集団から,何千億もの時価総額を持つ世界的な業界へと急速に成長しました.
ブロックチェーンを用いた暗号通貨の開発がオープンソースであり,この性質により,この業界は一気に世界規模に進出することが可能になりましたが,そこには,少しばかり?!の嘘もあります.
ほとんどのICOは機能していないのが現状です.つまり大多数は成功していないのです.

何が正しいの?

皆さん知りたいですよね.経済的に成功している国の指導者たちを見ると,絶望感があるかもしれません. 嘘はときには.人々が未来に進むのを手助けしているように見えます.技術の進歩は,多くの情報と機会を私たちに与えてくれて,民主化を進めるための最も公正な方法でだと私たちは考えます.少なくとも私たちは,人類の未来を本当に気にかけているのです.それこそ,トラストレスに...

ブロックチェーンとAI


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとAIは,分散システムとデータが集中するシステムとして対照的です,短いですが,ここでは,AIとブロックチェーンがどのように相互作用するのか説明します.

AIは,計算速度において,学習データを集中させるという性格から,ブロックチェーンでそのまま実行することはできません.

AIは学習のために膨大な量のデータを必要としますが,素早くコミュニケーションさえできれば分散システムで学習させうことができるでしょう.深層学習では,データを集中的に収集することなくAIに学習を行わせることができるでしょうか?,これは,ブロックチェーンで実行されているAIが直面している課題です.AIに何らかの方法で学習を分散させる必要があります.現在の深層学習は単純にそのような分散性と互換性がないため,ブロックチェーン技術は,データが分散するIoTのデバイスから,AIアプリケーションがデータを集中させるまでの過程で,ブロックチェーン技術は有用ではないでしょうか.

AIは,ブロックチェーン技術を使用して,学習に使用されるデータの出所を確認し,バイアスの原因を特定して修正するのに役立つ可能性があります.ただし,現在のAIシステムでは,学習済みのデータを他のモデルに組み込んだ場合は,素早くデータを追加または削除できません.ただしデータの出所とその出所を追跡する透明なシステムと,その品質と真実性の透明な評価は,偽のニュース,誤ったデータ,低品質の情報が誤ってAIに組み込まれないようにするのに役立ちます.

現在のコンセンサスメカニズム – 主に作業証明に基づいている – は,広範囲に利用するAIにとって大規模に利用するには余りにも作業への要求が高すぎます.計算上無駄があり,エネルギーのかかるプロセスを必要とせずに分散元帳の値に安全に同意する方法があることを達成するには,利害関係の証明や権限の証明(または何らかのハイブリッド)などの代替合意メカニズムに関する作業が必要です.無駄なエネルギーをこれ以上使うことは許されないでしょう.

AIは,ブロックチェーン元帳に含まれる膨大な量のデータをユーザが容易に理解できるようにすることで,またプロセスをより効率的にしてトランザクション全体のコストを削減することで,ブロックチェーンアプリケーションに付加価値をもたらします.スマートコントラクトにおけるAIおよびブロックチェーンは最も魅力的な分野の1つであり,私たちにとって有益な,制御され制限された方法でAIをグローバル経済に統合する新しい方法を切り開らくかもしれません.

グーグルの健康診断


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

グーグルは,2014年に買収したヘルスケアの子会社であるディープマインドヘルスを組織の主要部門に吸収させるという決定を下した.これがグーグルによる患者記録へのアクセスを可能にするかどうかはまだはっきりしていないが,そしてプライバシーへの影響は必至である.

Googleが世界中のヘルスケアデータをすべて収集して分析することができる可能性があるのです.

このことは,プライバシーへの影響にどう関係するのでしょうか.Googleがサーバーを離れることがなくても,最終的にそのデータがどのように使用されるのかわからないところで,Googleが膨大な量のユーザーデータを蓄積しているという懸念がすでに高まっています.

Google Healthのceoは,彼の最終的な意図を明らかにしていませんが,Google Healthが存在するという事実は,Googleがヘルスケア分野に参入するということを示しています確かに人の健康にとって魅力的なものもあります.1つのサービスはAIを使用して眼疾患をスキャンし,医師は患者記録をもつことによって患者の容態の変化を支援します.

AI使用すると,患者の容態が改善される可能性がありますが,Googleは既に場所,個人的な好み,そして知られては恥ずかしいことにも.すべてのGoogle検索などの驚くべき量の個人データをユーザーに保持しています.

検索エンジン会社はなぜ健康に興味も持ったのでしょうか.

Googleの医療費とその長い歴史との関連性を検索エンジンとして見ていない人もいるかもしれません.

Googleの最初の目標は「世界の情報を整理し,それを普遍的にアクセス可能で有用なものにすること」でした。Googleは,十分に社会に貢献しています.実際のところグーグルなしでインターネットを利用しようとすることを想像するのは難しいです.

グーグルが世界の医療情報を整理し,それを有用かつアクセス可能にすることができれば,、医療は変わるでしょう.研究者はパターンを識別することができるでしょう,そしてこの情報がグーグルのユーザーデータと組み合わされるならば,社会は変わるでしょう.しかし,これらの進歩は私たちのプライバシーを犠牲にしてもたらされる可能性があり,市民に関するそのような多くの情報をこれほど保持している会社をしりません.

Googleの検索バーに「am I」と入力して,確認してみます.

Google検索を使用して,自分が疑われる状態を診断しています.

私たちは心配するべきですか?

一言で言えば,はいでしょう.しかし、グーグルがあなたの医療記録を手に入れるまでには,おそらく長い時間がかかるでしょう.私たち全員が心配しなければならないのは,グーグルを医療診断サービスとして利用する傾向,そしてより一般的に言えば、テクノロジーの巨人が保有する大量の個人情報です.

プライバシーを危うくすることなく人々の生活を楽にするという私たちのビジョンを共有しますか?