ちょっとした嘘


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

AIについてのちょっとした嘘

AIのブームはいつまで続くでしょうか.AIは確かに,世界を革命的に変化させるような力を持つように見えます.ただし,その技術は誇張されているかもです.
実は,AIを名乗る企業でも本当に革新的なAIテクノロジを駆使しているわけではありません.つまり自称人工知能なのです.彼らは,既存のソフトウェアにAIを付加的に用いて,ソフトウェアをより興味深く見せるための道具としてAIを使用しています.
例えば,チャットボットは,大手企業のライブラリやAPIを使用して対話を作成したり,キーワードの探索して対話します.ここで使われるAIは,大企業で学習済みのデータ・ライブラリを使用しているだけです.時には,単なるデータベースを使うことさえあります.
もっと言えば,AIがこなしているように見せかけても,人が作業している場合もあります.
このようなからくりは,どうしたら見破れるでしょうか?,単純にサービスが,安い,AIの専門家がいない,機械学習に利用できる大きなデータを持っていないことを見ればよいでしょう.

ブロックチェーンのちょっとした嘘

ブロックチェーンは,おそらく人工知能に次いで,ブームになっています.ブロックチェーンを扱う世界は,本当に小さなギークの集団から,何千億もの時価総額を持つ世界的な業界へと急速に成長しました.
ブロックチェーンを用いた暗号通貨の開発がオープンソースであり,この性質により,この業界は一気に世界規模に進出することが可能になりましたが,そこには,少しばかり?!の嘘もあります.
ほとんどのICOは機能していないのが現状です.つまり大多数は成功していないのです.

何が正しいの?

皆さん知りたいですよね.経済的に成功している国の指導者たちを見ると,絶望感があるかもしれません. 嘘はときには.人々が未来に進むのを手助けしているように見えます.技術の進歩は,多くの情報と機会を私たちに与えてくれて,民主化を進めるための最も公正な方法でだと私たちは考えます.少なくとも私たちは,人類の未来を本当に気にかけているのです.それこそ,トラストレスに...

ブロックチェーンとAI


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとAIは,分散システムとデータが集中するシステムとして対照的です,短いですが,ここでは,AIとブロックチェーンがどのように相互作用するのか説明します.

AIは,計算速度において,学習データを集中させるという性格から,ブロックチェーンでそのまま実行することはできません.

AIは学習のために膨大な量のデータを必要としますが,素早くコミュニケーションさえできれば分散システムで学習させうことができるでしょう.深層学習では,データを集中的に収集することなくAIに学習を行わせることができるでしょうか?,これは,ブロックチェーンで実行されているAIが直面している課題です.AIに何らかの方法で学習を分散させる必要があります.現在の深層学習は単純にそのような分散性と互換性がないため,ブロックチェーン技術は,データが分散するIoTのデバイスから,AIアプリケーションがデータを集中させるまでの過程で,ブロックチェーン技術は有用ではないでしょうか.

AIは,ブロックチェーン技術を使用して,学習に使用されるデータの出所を確認し,バイアスの原因を特定して修正するのに役立つ可能性があります.ただし,現在のAIシステムでは,学習済みのデータを他のモデルに組み込んだ場合は,素早くデータを追加または削除できません.ただしデータの出所とその出所を追跡する透明なシステムと,その品質と真実性の透明な評価は,偽のニュース,誤ったデータ,低品質の情報が誤ってAIに組み込まれないようにするのに役立ちます.

現在のコンセンサスメカニズム – 主に作業証明に基づいている – は,広範囲に利用するAIにとって大規模に利用するには余りにも作業への要求が高すぎます.計算上無駄があり,エネルギーのかかるプロセスを必要とせずに分散元帳の値に安全に同意する方法があることを達成するには,利害関係の証明や権限の証明(または何らかのハイブリッド)などの代替合意メカニズムに関する作業が必要です.無駄なエネルギーをこれ以上使うことは許されないでしょう.

AIは,ブロックチェーン元帳に含まれる膨大な量のデータをユーザが容易に理解できるようにすることで,またプロセスをより効率的にしてトランザクション全体のコストを削減することで,ブロックチェーンアプリケーションに付加価値をもたらします.スマートコントラクトにおけるAIおよびブロックチェーンは最も魅力的な分野の1つであり,私たちにとって有益な,制御され制限された方法でAIをグローバル経済に統合する新しい方法を切り開らくかもしれません.

グーグルの健康診断


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

グーグルは,2014年に買収したヘルスケアの子会社であるディープマインドヘルスを組織の主要部門に吸収させるという決定を下した.これがグーグルによる患者記録へのアクセスを可能にするかどうかはまだはっきりしていないが,そしてプライバシーへの影響は必至である.

Googleが世界中のヘルスケアデータをすべて収集して分析することができる可能性があるのです.

このことは,プライバシーへの影響にどう関係するのでしょうか.Googleがサーバーを離れることがなくても,最終的にそのデータがどのように使用されるのかわからないところで,Googleが膨大な量のユーザーデータを蓄積しているという懸念がすでに高まっています.

Google Healthのceoは,彼の最終的な意図を明らかにしていませんが,Google Healthが存在するという事実は,Googleがヘルスケア分野に参入するということを示しています確かに人の健康にとって魅力的なものもあります.1つのサービスはAIを使用して眼疾患をスキャンし,医師は患者記録をもつことによって患者の容態の変化を支援します.

AI使用すると,患者の容態が改善される可能性がありますが,Googleは既に場所,個人的な好み,そして知られては恥ずかしいことにも.すべてのGoogle検索などの驚くべき量の個人データをユーザーに保持しています.

検索エンジン会社はなぜ健康に興味も持ったのでしょうか.

Googleの医療費とその長い歴史との関連性を検索エンジンとして見ていない人もいるかもしれません.

Googleの最初の目標は「世界の情報を整理し,それを普遍的にアクセス可能で有用なものにすること」でした。Googleは,十分に社会に貢献しています.実際のところグーグルなしでインターネットを利用しようとすることを想像するのは難しいです.

グーグルが世界の医療情報を整理し,それを有用かつアクセス可能にすることができれば,、医療は変わるでしょう.研究者はパターンを識別することができるでしょう,そしてこの情報がグーグルのユーザーデータと組み合わされるならば,社会は変わるでしょう.しかし,これらの進歩は私たちのプライバシーを犠牲にしてもたらされる可能性があり,市民に関するそのような多くの情報をこれほど保持している会社をしりません.

Googleの検索バーに「am I」と入力して,確認してみます.

Google検索を使用して,自分が疑われる状態を診断しています.

私たちは心配するべきですか?

一言で言えば,はいでしょう.しかし、グーグルがあなたの医療記録を手に入れるまでには,おそらく長い時間がかかるでしょう.私たち全員が心配しなければならないのは,グーグルを医療診断サービスとして利用する傾向,そしてより一般的に言えば、テクノロジーの巨人が保有する大量の個人情報です.

プライバシーを危うくすることなく人々の生活を楽にするという私たちのビジョンを共有しますか?