ブロックチェーンとAI


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ブロックチェーンとAIは,分散システムとデータが集中するシステムとして対照的です,短いですが,ここでは,AIとブロックチェーンがどのように相互作用するのか説明します.

AIは,計算速度において,学習データを集中させるという性格から,ブロックチェーンでそのまま実行することはできません.

AIは学習のために膨大な量のデータを必要としますが,素早くコミュニケーションさえできれば分散システムで学習させうことができるでしょう.深層学習では,データを集中的に収集することなくAIに学習を行わせることができるでしょうか?,これは,ブロックチェーンで実行されているAIが直面している課題です.AIに何らかの方法で学習を分散させる必要があります.現在の深層学習は単純にそのような分散性と互換性がないため,ブロックチェーン技術は,データが分散するIoTのデバイスから,AIアプリケーションがデータを集中させるまでの過程で,ブロックチェーン技術は有用ではないでしょうか.

AIは,ブロックチェーン技術を使用して,学習に使用されるデータの出所を確認し,バイアスの原因を特定して修正するのに役立つ可能性があります.ただし,現在のAIシステムでは,学習済みのデータを他のモデルに組み込んだ場合は,素早くデータを追加または削除できません.ただしデータの出所とその出所を追跡する透明なシステムと,その品質と真実性の透明な評価は,偽のニュース,誤ったデータ,低品質の情報が誤ってAIに組み込まれないようにするのに役立ちます.

現在のコンセンサスメカニズム – 主に作業証明に基づいている – は,広範囲に利用するAIにとって大規模に利用するには余りにも作業への要求が高すぎます.計算上無駄があり,エネルギーのかかるプロセスを必要とせずに分散元帳の値に安全に同意する方法があることを達成するには,利害関係の証明や権限の証明(または何らかのハイブリッド)などの代替合意メカニズムに関する作業が必要です.無駄なエネルギーをこれ以上使うことは許されないでしょう.

AIは,ブロックチェーン元帳に含まれる膨大な量のデータをユーザが容易に理解できるようにすることで,またプロセスをより効率的にしてトランザクション全体のコストを削減することで,ブロックチェーンアプリケーションに付加価値をもたらします.スマートコントラクトにおけるAIおよびブロックチェーンは最も魅力的な分野の1つであり,私たちにとって有益な,制御され制限された方法でAIをグローバル経済に統合する新しい方法を切り開らくかもしれません.

パブリックなブロックチェーンとプライベートなブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

パブリックとプライベートのブロックチェーンの主な違いとは何でしょうか.

パブリックブロックチェーンは,誰もがブロックチェーンネットワークに参加できます.つまり,パブリックブロックチェーンで読み取り,書き込みできるということです.パブリックブロックチェーンは分散化されており,誰もネットワークを制御することはできません.また,ブロックチェーンで検証されたデータは変更できないという点で安全です.

プライベートブロックチェーンは,誰がネットワークに参加することを許可され,どのトランザクションに参加することが許可されるかが制限されます.

パブリックとプライベートについて話すとき,誰がそのブロックチェーンまたはその元帳にデータを書き込むことができるかです.

パブリックブロックチェーンについて話すとき,ほとんどの人が実際に話しているのはパブリックオープンブロックチェーンです.誰もがデータをブロックチェーンに書き込むことができるブロックチェーンであり,他の誰もがそのデータを読み書きすることができます.
ビットコインなどのパブリックブロックチェーンプラットフォームは,現在話題になりがちですが,これらはパーミッションレスブロックチェーンプラットフォームとも呼ばれます.設計上,ユーザーの匿名性の向上と保護に努めています.

ユーザーが誰であるかわからない場合でも,ユーザーが読み書きできるデータを制御したりすることはできません.

ユーザが価値のある通貨を持っているのであれば,他の誰かと同じように,彼らはそれを交換してそれを使うことができ,そしてそれを使って望み通りのことができるはずです.これは,どのクラスのユーザーも他のクラスのユーザーと異なる扱いをしたくないからです.そのために,私たちにはパブリックブロックチェーンがあり,それはプライベートパーミッションブロックチェーンとはまったく異なる生き物です.

プライベートブロックチェーンは,誰がこのブロックチェーンにデータを書き込むことができるかを制御し,そしてこのブロックチェーンから誰がデータを読み取ることができるかを制御したいのです.そしてそれをするため重要なことはアイデンティティです.誰がブロックチェーンネットワークの一部であるかを知る必要があります.ユーザーが誰であるかわからない場合は、元データにコミットできるデータと元帳から使用できるデータについてのルールを定義するのは不可能ではないにしても困難になります。

ほとんどの場合、プライベートブロックチェーンにはアイデンティティ管理ツールが付属しているため,独自のアイデンティティ管理ソリューションをプラグインできます.これは,会員制サービスプロバイダには有用です.すべてがユーザーが誰であるかを理解することから始まります.自分がどの役割に属しているのかを判断できます.そして,その役割を使用して,どの情報にアクセスしてアクセスできないかを判断できます.

パブリックブロックチェーンでは,ユーザーが誰であるかわからないため,ユーザの行動をより良くするためのインセンティブを変更する必要があります.

システム内のすべての人が誠実に,そして規則に従って行動することを確実にするために,私たちは経済学とゲーム理論を学ぶ必要もあるでしょう.。

プライベートブロックチェーンでは,上記の問題をユーザーが誰であるかを知っているという事実によります.

そのため,企業のケースでは,ビジネスのブロックチェーンがあります.これは,個人が誰であるか,関連する組織,役割がわかっているためです.

パブリックブロックチェーンの利点は次のとおりです.

読み書きできる
誰でも参加できます
ブロックチェーンに何かが書き込まれると,それは変更できません.

プライベートブロックチェーンの利点は次のとおりです。

許可された企業
企業は,リソースとブロックチェーンへのアクセスを制御します.
必要に応じてノードやサービスを追加できる.

企業にとっては,匿名性は悪いことです,完全な透明性を求めているわけではないので,参加者全員が誰であるかを正確に知りたいし,彼らが誰であるかを知る必要があります.

それは、実はすべてアイデンティティ管理に行きつきます.

そして,それが一言で言えばパブリックとプライベートのブロックチェーンの違いです.

10 things blockchain isn’t(日本語版意訳) by Jack Dossman


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

人々は,ブロックチェーン技術を過大評価しています.多くの人がこの技術の可能性について間違った印象を持っています.
ブロックチェーンは,独特な機能を備えた単なるデータベースです.

たとえば,ビットコインなどの暗号通貨に使用すると,ビットコインの背後にあるブロックチェーンによって世界中のどこにいても,銀行や他の仲介者を必要とせずに,送金することができます.

  1. ビットコインは不正ではありません.

確かに,ビットコインとブロックチェーンは,欠点があります.作業を証明するコンセンサスメカニズムは,驚くべき量の電気を使用しており,多くの人々が投機や違法行為にこのシステムを利用しています.この技術のマイナス面に焦点を当て,ビットコインを不正と呼ぶことは,適当ではありません.

2.ブロックチェーンはあなたの会社の株価を上げる方法ではありません.

コダック,ロングアイランドアイスティーは,いずれも,実際にブロックチェーンを用いていなくても,ブロックチェーンという言葉を付け加えて株価が急上昇している企業の一例です.

3.ブロックチェーンは詐欺ではありません.

4.暗号通貨は詐欺師だけのものではありません.

ブロックチェーンによって与えられる匿名性は詐欺とハッキングを可能にするものです.しかし,それは技術の不幸な側面における副作用でしかありません.ISISのようなテロリストグループは,ソーシャルメディアを使って参加者を探しています.それでも,FacebookやTwitterをあきらめなければならないわけではありません.

5.ブロックチェーンは,ブロックチェーンで事業を始めるための資金を集めるための方法ではありません.

6.ブロックチェーンはあなたのビジネスに革命を起こすことはありません.

7.ブロックチェーンがすべての業界を混乱させることはありません.

ブロックチェーンが Uber のようなものだという言葉を聞いたことがあります.通常の業態を脅かすように,すべての業界がブロックチェーンを必要としているわけではないということです.

8.ブロックチェーンは犠牲者を増やす方法ではありません.

9.ブロックチェーンはミームのプラットフォームではありません.

10.ブロックチェーンは役に立ちません.

ブロックチェーンを使用してはいけないことの概要を説明しましたが,それでもブロックチェーンが最適なアプリケーションである場合があります.ブロックチェーンを必要とする条件を見てみましょう.

共有された追加専用データベース
マルチプレイライター
信頼がない
仲介者を削除する必要性
合意と検証

それは,お金です.ビットコインのようなアプリケーションはこれらの基準をすべて満たしているので,ブロックチェーン技術の素晴らしい適用例です.

残念なことに,ブロックチェーン用の他の多くの実証済みの大きな適用例はありません.それは決して存在しないというわけではありません,我々はそれらをまだ見つけていないのです.

スマートシティ


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

メディアによると2019年が,IoTの年となるらしいです.それでも私たちのほとんどは,IoTとは?と思うでしょう.

IoTとは何でしょうか?

スマートサーモスタットやドアベル,コネクテッドライト,スマートキッチン家電,バスルームなどの製品例があり,IoTの最もよく知られているカテゴリはスマートホームです.たとえば,家に着いたら,スマートフォンのアプリを使ってホームセキュリティシステムのロックを解除できます.1秒後にガレージのドアが開き始めます.この例は,リモートコントロールの利便性を示しています.

では,スマート牛を知ってますか?,牛乳生産,分娩など,牛の健康のさまざまな側面を監視するセンサーを身につけることで,普通の牛ならすぐに管理可能です.最終的には牛たちのビジネスのための収益と消費者のために高品質の製品として管理されるのです.

さらにスマートシティを考えてみましょう.スマートフォンと都市を組み合わせることができれば,それはスマートシティです.スマートシティはすべての参加者(住民,企業,地方自治体,旅行者など)に多くのメリットをもたらすかもしれません.

あらゆる産業分野でのスマート化の例は他にもたくさんあります.高層ビルのスマートエレベーター,建設現場のコネクテッドツール,大学キャンパスのスマート教室,インテリジェントタイヤ.

人はIoTの対象になれるのでしょうか?

牛から人への移行はそれほど大きなものではなく,少なくとも技術に関する限りでは可能です(ただし自由意思のことは考えません).

IoT技術が糖尿病のような病状を持つ人々を助けたり(子供の患者やその両親にとって非常に重要です),高齢者の自宅での高齢化への対応も可能なります.

また,人のデータは他のスマートな機械を監視することの副作用として集められるかもしれません.たとえば,あなたはスマートコーヒーマシンを買ったとしましょう.機械製造業者は,製品を改善するためにIoTを使用して機械の動作を監視していますが,その過程で,彼らはまたあなたの個人的なコーヒーの嗜好について非常に多くのことを知りえるでしょう.ユーザーはこの監視に気づいていないかもしれません.

最も疑わしい例では,人々が監視のターゲットになるかもしれず,当人はほとんど気付かないかもしれません.そうです,マイクロソフトは,ユーザーがWindowsおよびOfficeで行うことすべてに関する多くの情報を収集できます.同様に,Googleは,Androidのユーザーに関する大量の情報を収集できます.もちろん,利用許諾をしていますが,ほとんどの人はそれらを読んでいません.確かに,購入した後はすでにコミットされているのです.

公共の場所にいるときはいつでも,防犯カメラで監視することができます.これは合法です.しかし,中国の社会信用制度のように,プライバシーに関する激しい議論が生じる可能性があります.

IoT機能と統合できるすべては,やがてスマートになるでしょうが,課題はあります.


あなたの意見が必要です


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ビットコインの出現は,コンピュータサイエンスの分野以外の,哲学者,経済学者,法律学者にとっても見逃せない孫残胃なりつつあります.

そこでは,ブロックチェーンの規制についても議題に上がります.技術には、技術的なバックグラウンドを持たない人にとっては理解しにくいです.

ビットコインの分野を部に雇わず研究する研究者,ビットコインで何ができるのかについて考えています,技術者には見えない意味のあるコメントを提供できるのは外側の視点です.新たなアイデアは違う分野から現れます.そでなければ,コミュニティ全体への影響を理解することができずに,ある方向に向かってしまうようなリスクを負うことになります.それは,私たちが盲目にしている私たちの考えに矛盾があることを見つける方法です.

そのためには,あなたの意見が必要です.

グーグルの健康診断


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

グーグルは,2014年に買収したヘルスケアの子会社であるディープマインドヘルスを組織の主要部門に吸収させるという決定を下した.これがグーグルによる患者記録へのアクセスを可能にするかどうかはまだはっきりしていないが,そしてプライバシーへの影響は必至である.

Googleが世界中のヘルスケアデータをすべて収集して分析することができる可能性があるのです.

このことは,プライバシーへの影響にどう関係するのでしょうか.Googleがサーバーを離れることがなくても,最終的にそのデータがどのように使用されるのかわからないところで,Googleが膨大な量のユーザーデータを蓄積しているという懸念がすでに高まっています.

Google Healthのceoは,彼の最終的な意図を明らかにしていませんが,Google Healthが存在するという事実は,Googleがヘルスケア分野に参入するということを示しています確かに人の健康にとって魅力的なものもあります.1つのサービスはAIを使用して眼疾患をスキャンし,医師は患者記録をもつことによって患者の容態の変化を支援します.

AI使用すると,患者の容態が改善される可能性がありますが,Googleは既に場所,個人的な好み,そして知られては恥ずかしいことにも.すべてのGoogle検索などの驚くべき量の個人データをユーザーに保持しています.

検索エンジン会社はなぜ健康に興味も持ったのでしょうか.

Googleの医療費とその長い歴史との関連性を検索エンジンとして見ていない人もいるかもしれません.

Googleの最初の目標は「世界の情報を整理し,それを普遍的にアクセス可能で有用なものにすること」でした。Googleは,十分に社会に貢献しています.実際のところグーグルなしでインターネットを利用しようとすることを想像するのは難しいです.

グーグルが世界の医療情報を整理し,それを有用かつアクセス可能にすることができれば,、医療は変わるでしょう.研究者はパターンを識別することができるでしょう,そしてこの情報がグーグルのユーザーデータと組み合わされるならば,社会は変わるでしょう.しかし,これらの進歩は私たちのプライバシーを犠牲にしてもたらされる可能性があり,市民に関するそのような多くの情報をこれほど保持している会社をしりません.

Googleの検索バーに「am I」と入力して,確認してみます.

Google検索を使用して,自分が疑われる状態を診断しています.

私たちは心配するべきですか?

一言で言えば,はいでしょう.しかし、グーグルがあなたの医療記録を手に入れるまでには,おそらく長い時間がかかるでしょう.私たち全員が心配しなければならないのは,グーグルを医療診断サービスとして利用する傾向,そしてより一般的に言えば、テクノロジーの巨人が保有する大量の個人情報です.

プライバシーを危うくすることなく人々の生活を楽にするという私たちのビジョンを共有しますか?

ブロックチェーン


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

ビットコインは,ブロックチェーンに基づいています.しかし,ブロックチェーンについて理解していますか?
どのようにしてブロックチェーンの個々の構成要素,ブロックを想像することができますか?

ブロックチェーンはデータブロックのチェーンです.各ブロックは元帳のページとして考えることができます.個々のブロックはいくつかのコンポーネントで構成されています.
これらはブロックの先頭(ブロックヘッダー)とブロックの内容に区別できます.

ブロックヘッダー

ブロックの先頭は6つの要素からなります.

ソフトウェアのバージョン番号
前のブロックのハッシュ
マークルツリーのルートハッシュ
1970–01–01 T00:00 UTCからの経過秒数
ブロック生成時のProof of workの難易度
Proof of workで使用するカウンタ

ソフトウェアのバージョン番号

ほとんどの場合,ソフトウェアのバージョン番号は関係ありません.ただし、特定のバージョン番号を持つマイナー,自分がサポートしているプロトコルを知らせることができます.

前のブロックのハッシュ

前のブロックのハッシュは,いわばブロックチェーンのチェーンです.前のブロックのハッシュは新しいブロックのハッシュに含まれているため,ブロックチェーンのブロックはすべて互いに重なり合っています.このコンポーネントがなければ,各ブロック間と繋がりはとれなくなります.

マークルツリーのルートハッシュ

ブロックに含まれるすべてのトランザクションはハッシュに集約できます.これはマークルツリーのルートハッシュです.

1970–01–01 T00:00 UTCからの経過秒数

ブロック自体の中のタイムスタンプ.時間は1.1.1970からの秒数で示されています.

ブロック生成時のProof of workの難易度

このコンポーネントの目標は,有効性を主張するために新しいハッシュをどれだけ小さくする必要があるかを示します.つまり,すべてのハッシュはビット単位のサイズを持ちます.ビット単位が低いほど,一致するハッシュを見つけるのが難しくなります.先頭にゼロが多いハッシュは,ゼロがないハッシュよりも小さくなります.

ノンス

ノンスは,作業証明によって増加する変数です.このようにして,マイナーは有効なハッシュ,つまり,より小さいハッシュを目指します.

6つのコンポーネントがブロックヘッダーを形成します.ブロックヘッダーは,すべてのブロックを接続するため,ビットコインで基本的な役割を果たします.

ブロック本体

ブロック本体は,車でいうところのトラックの積載スペースとして考えられます.ブロックで確認されたすべてのトランザクションが含まれています.

マイナーがブロックを構築するとき,それはトランザクションを検証します.つまり,送信者が実際に使用するのに十分なお金を持っていることを確認します.彼はブロックチェーンからこの情報を簡単に読むことができます.マイナーは過去のブロックを調べて,送信者が10個のビットコインを送信したい場合に,送信者が10個のビットコインを取得したかどうかを確認します.

ブロック内のトランザクションはリスト内だけでなく,いわゆるマークルツリー内にもあります.

マークルツリーとは?

マークルツリーは,数学者のRalph Merkleからその名前が付けられました.その発見は,多くの情報が単一のハッシュで表現できることです.このために,データ自体が最初にハッシュされます.その後、ハッシュは再びハッシュされてマージされます.最後に,マークルツリーは単一のハッシュにマージされます.この最後のハッシュはルートハッシュ,ツリーのルートとも呼ばれます.それは比較的短い文字列でその「葉」(個々の取引)と「枝」(葉のハッシュ)のすべての情報を表します.

すべての枝と葉がわかっている限り,ルートハッシュの作成は素早く簡単です.ハッシュ関数の機能により,一方向にはっきりと素早く機能し,もう一方には分解できません.

マイニング

作業の証明に関わるような観点から,マイニングを理解するのが簡単です.マイニング時には,ブロックのブロックヘッダーが特別なハッシュを取得するために変更されます.ここで重要になるのは,ヘッダーのハッシュのターゲットサイズ(バイト単位)です.

マイナーはデータをハッシュし,データが検索された目標値を下回るハッシュをもたらすかどうかをチェックします.ハッシュ値がターゲットより大きい場合,マイナーはプロセスを繰り返します.ターゲット以下のハッシュが見つかるまで,またはハッシュがターゲット以下の別のネットワーク担当者から別のブロックを取得するまで,これを繰り返します.次に,この新しいブロックを取り出して,それを次のブロックの基礎として使用します(新しいハッシュを「前のブロックのハッシュ」として使用します).

マイニングは、特別なハッシュを見つけることを目的とした超反復的なプロセスです.ハッシュが見つかると,マイニングは再び始まります.ハッシュを見つける可能性は難易度によって異なります.平均して,ビットコインは10分ごとに新しいブロックを見つけます.難易度は適応し続けます,従ってこの平均は変わりません.

このプロセスの特徴は、ハッシュが推測によってしか見つけられないということです.この率は計算能力,そしてそれ故にエネルギーを必要とします.ハッシュを見れば,それがゼロで始まっているので特別なものであることがわかります.

ビットコインの十年間


https://bitcoin20xx.xyz/未来を変える暗号通貨を作っていこう

私たちは,現在の金融システムを管理する政治家,銀行家および公的機関の信用性について評価しています.ただし,金融システムの集中管理は,政治的な腐敗,インフレ,通貨切り下げを引き起こします.ビットコインについて懐疑的なのは,人は根本的に変革に対して抵抗するものです.そして,ビットコインの長期的な価値を望むならば,世界が納得できるようにしていかなければなりません.それには,以下の3つあることを明確にしなければなりません.

・通貨としてのビットコインは,普通の通貨よりも長期的な切り下げに対して耐性があるはずです.

・支払いに関して,銀行が使用している技術よりも安全である必要があります.

・過去10年間で最高のパフォーマンスのあるビットコインが,競合通貨よりも優れた性能を発揮することに成功していることが明らかになっています。

過去の通貨とは異なり,これまでに存在するビットコインの数は2100万に制限されています.設計上、流通しているビットコインが2100万を超えることは決してありません.一定量が10分ごとにリリースされ,4年ごとにビットコインの量は半分に減ります.これは,ゼロに達するまで,時間の経過とともに予測可能な割合で減少するインフレスケジュールにより,ビットコインをますます希少な資産に変換します.

これは,時間が経つにつれて,そして需要が増えるにつれて,中央銀行によって自由に印刷されるお金よりもはるかに切り下げに対して抵抗力があることを意味します.

ビットコインのソフトウェアコードには,安全で改ざん防止された,支払いシステムとして多数の組み込み機能があります.これらのセキュリティ機能は,高度な暗号化技術を使用した高度に分散化された環境で明らかにされています.

ビットコインが採用されるにつれて,中央銀行システムに存在する権力の集中と比較した場合,その分散型の権力構造は腐敗や不正操作に対してはるかに抵抗力のあるものになります.

もう1つの重要な機能には.不正行為を識別し,公開元帳に記録されている取引の整合性を保護するための暗号化の使用が含まれます.

最初のビットコインが誕生して以来,ネットワークは99.99%の稼働率でほぼ完璧に機能してきました.そのブロックチェーンはハッキングされたことがなく(個人的に保有されている暗号通貨交換やその他の安全性の低いブロックチェーンが原因で完全ではないですが),ビットコインは,中国や中国などの国民国家による継続的な規制にもかかわらず繁栄しました.

ひとたびトランザクションがブロックに書き込まれ確認されると,あなたのお金が意図した目的地に安全に到着したという,紛れもない恒久的な記録があります.

実際には,ビットコインは,上記に完全に対応できるかどうかは,まだ構築およびテストされている新しいテクノロジの統合と採用に大きく依存しています.分散型交換プロトコル,拡張性とプライバシー,そしてより優れたユーザーインターフェースを目指し,絶えず進化していく必要があります.

成長期の暗号通貨

未来を変える仮想通貨を作っていこう

成長期の暗号通貨

ブロックチェーン技術はソフトウェアです.誰でも,サンプルコードを入力すれば機能させることができます.しかしコードが実行されているときに舞台裏で何が起こっているのかを誰もが理解しているわけではありません.ブロックチェーンは,分権的で安全なインターネットマネーの理想をもっていました.しかしブロックチェーン開発者の中には,実際にブロックチェーンシステムが機能する基本的な方法と、それらがどのように連携するのかを理解している人が少ないことも分かっています.

ブロックチェーン技術,例えば,ブロックチェーンによる分散化がどのように機能するかについてなど,一般の人々が理解しているわけではありません.ブロックチェーンが10年近くも前に現れた時,世界中でこれらの概念を深く理解している開発者はまだ多くはありません.

ある意味でブロックチェーンをコーディングすることは,優れたデータベースを管理することと同じです.

暗号通貨は今,成長過程にあります.現在は,まだ幼少期なので,暗号は通貨で一夜にして億万長者になれる場合もあります.ただしこれは,数年前のことです.今日は勢いは衰え,例えば,Bitcoinは最低値に急落しました,そしてSECはICOセキュリティトークンとして何が構成されているかについていくつかの明確なガイダンスを提供し始めています.Bitcoinは,問題を抱えた思春期に入っているようです.

ほとんどの若者と同様に,しっかりした指導を提供し,経験を深めているところです.ICOにとって,これは,ルールを指示し,無法な考え方を採用する時代が終わったことを意味します.大人のように行動し始める時が来ました.

ICOが投資家を引き付け,市場に売り込むために使用していた方法は,すでに旧いものになりつつあります.、もはや機能しません。

さらに,基盤技術であるブロックチェーンを取り巻く絶えず進行する規制,コミュニケーションへの戦略的アプローチがより重要になることを意味します.PRとコンテンツマーケティングにおけるハイレベルの戦略が必要になってきました.

メディア戦略

メディアは,コンテンツのニュース価値やインタビューを受けている人の専門知識に基づいて宣伝されます.基本的に,それはあなた,あなたの会社,そしてあなたのブランドのためのメディアです.獲得したメディアは可視性を高め,信頼性を高め,あなたとあなたのビジネスに対する意識を高めます。

所有メディア戦略

コンテンツマーケティング/思考リーダーシップマーケティング:ICOプロジェクトの専門家は,業界のブログやWebサイトに掲載できる知識と専門知識を紹介する記事を書くべきです.その目的は,よくある質問や最近の法律や傾向のあるトピックに対応したコンテンツを作成することで,自分を有益で知識の豊富なリソースとして位置づけ,ブランドの価値を確立することです.

この最近の例では,ブロックチェーンを基にしたクリーンエネルギー開発グループであるAlternative Resource Groupの開発ディレクターであるMichael Lumbleyが良い例です.

ICOは,暗号通貨が,成熟するうえで重要なポイントです.スマートプロジェクトは,成長のための計画のひとつとして,実証済みのビジネス戦略を採用して,投資家を信頼させることです.

企業の技術チームの多くが,彼らが構築しているアーキテクチャを理解することが必要です.ブロックチェーン開発者の需要が高まっている現在、コーディングの世界では,コードをまとめることができるがそれ以上のことはできず,コーディング言語以外の考え方を構造や機能に取り入れることができません.より多くの開発者がブロックチェーンの真の目的に沿うことができるように,技術を確実に理解する必要があります.そのことは,投資家にとっても投資しやすい環境を作るでしょう.

デジタルの世界では,自分自身を何らかの形のデータマイニングにさらさないようにすることはほとんど不可能です.ソーシャルメディアを使用したり,スマートフォンを所有したり,インターネットに接続したり,オンラインで買い物をしたり,銀行口座を持っている場合でも,データはAIによって保存および分析されています.

AI翻訳サービス「COTOHA Translator」

現金がどんどん貯まるオンラインモール

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
この画像には alt 属性が指定されていません

クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!

独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん
大人気Wordpressなどの簡単インストールをはじめ、

カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。

メールアドレスはいくつでも作成可能!

容量最大400GBで月額100円(税抜)から。
プレミアムにアップグレード(Opens in a new browser tab)

SEO タイトルのプレビュー:: …URL のプレビュー::https://bitcoin20xx.xyz › 2019 › 04 › 13 › %e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%92%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%86


メタディスクリプションのプレビュー: :以下のスニペットを編集して、メタディスクリプションを設定してください。設定しない場合、Google の検索結果で投稿の関連部分が表示されます。 公開状態公開投稿フォーマット先頭に固定表示作成者6件のリビジョンカテゴリーを検索bitzenyブロックチェーンAIBTCFXICOPCセキュリティプライバシーマイニング仮想通貨仮想通貨FX入門個人情報投資暗号通貨取引所未分類税金関係メインカテゴリーを選択新規タグを追加カンマ区切りで複数入力コメントを許可ピンバックとトラックバックを許可

How to disable ads on specific pages このページの広告を無効にします。